2015.09.17

男子が彼女に「そんなのどっちでもいいよ……」とついイラッとしてしまう瞬間・5つ

男子は彼女といるとき、彼女のなにげない言動にイラッとしてしまう瞬間があるようです。まあこんなの、私たちでもありますけどね(笑)。

とくに多かったのが「彼女が優柔不断すぎてイラつく!」という意見。
自分でなにかをスパッと決めるのがあんまり得意じゃない。こんな女子はひょっとしたら多いのかもしれませんね。

では、男子がこう思ってしまうのはどんなタイミングなのでしょうか?
20代男子30人に「彼女に『そんなんどっちでもいいわ!』と思ってしまう瞬間」について聞いてみました。

1.髪型のチョイス

「デート行く前の、『どっちの髪型がいいかなー』って見せてくる2種類の髪型が、ほとんど同じ。ほんとどっちでもいい(笑)」(フリーター/24才)

女子からすると、髪型はけっこう重要な問題。でも、男子はやっぱりそこまで気にしてない人が多いみたいですね……。

きっとどっちにしても「かわいいよ」って言ってくれるでしょうから(違いがわかってないので)、サクッと決めちゃいましょう!

2.アイス

「サーティワン行くときいつも決めるのが遅い。『両方にしなよ』って言うと、『太るから一個なの』って言うし……困った」(公務員/25才)

そんなの彼氏が2つのうちの1つを買って分けてくれたらいいのにー(笑)。
髪型とはガラッと毛色が変わりますが、これも女子ならついつい迷ってしまう瞬間ですよね。ゆっくり選ばせてほしいんですけどね……。

3.トイレ行こうかどうか……

「『うーん、トイレ行っとこうかなーどうしようかなー』って、行けよ(笑)!」(大学生/22才)

これは多分、この子は前にトイレに行き過ぎってことでカレにイラッとされたことがあるんじゃないでしょうかね。だから行く回数を減らそうと頑張ってセーブしてるみたいな。
まあでも生理現象なのでしょうがないし、行っちゃいましょう(笑)!

4.買う服

「ショッピングに付き合わされること自体はいいけど、なるべく早く買う服選んでほしい。どっちもかわいいから。
じつは『どっちも同じような服持ってなかったっけ?』とか内心思ってるけどね」(営業/25才)

ショッピングに付き合わされるのを嫌う男子がけっこう多いですけど、原因はこれかもしれませんね。選びすぎる。

でも、カレの目で「こっちのほうがかわいいよ!」って言ってほしいんですよね。カレとのデートでも着たいわけだし。

5.お泊りするかどうか

「お泊りするって決めてない日のデートで、終電間際になって『今日うち泊まる?』って聞いたときはどっちでもいいから即答してほしい。てか、迷うなら来ればいいじゃん!」(アパレル/26才)

多分この子にはいろんな悩みがあるんでしょう。たしかにカレとこのまま一緒にいたいけど、お泊まりって思ってなかったからムダ毛処理とかしてないしお泊りセットもない……的な。

ちょっとくらい迷ってもいいけど、終電までには決めてあげましょうね。

おわりに

どうでしたか? いろいろ迷っちゃう女子は、ぜひ「カレに決めてもらう」ことをオススメします。
アイスにしろ髪型にしろトイレにしろ服にしろお泊りにしろ、「君が決めて」って言うんです。

こういうふうに自分に委ねてくれると、きっとカレは「俺の意見が大事なわけか」と嬉しくなってくれるはずですからね。

(遣水あかり/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事