2011.02.17

こころにもからだにもうれしい!ハーブティの入れ方と飲み方

 

爽やかな飲み口と香りのハーブティ。心と体の両方に効果が期待される、健康ドリンクです。入れ方は難しくありません。緑茶や紅茶と、ほとんど同じです。

一日に飲む量

ハーブティは薬効がある為、一日にティカップ三杯ほどが限度と言われています。お子さんに飲ませる場合は、薄いものを。適量が、最もハーブの力を引き出してくれます。

ドライハーブを使った入れ方

茶さじ1杯が一人前の量です。二人以上で飲むのであれば、人数プラス1杯が適量です。熱湯でお茶を入れます。お湯の量は、紅茶と同じです。

 

 

【1】暖めておいたポットにハーブとお湯を入れ、3~10分蒸らします。

 

【2】お好みの香り具合になったら、一度、ポットの中をスプーンなどでかき混ぜます。それから、カップに注いで出来上がり。

 

ポットに、ポットカバーやタオルをかけておくと、お湯が冷めにくく、薫り高いハーブティになります。

3分以下だと、十分に香りが立ちません。10分以上蒸らすと、香りが逃げてしまいます。

フレッシュハーブを使った入れ方

ハーブは適当な大きさにちぎってから使います。3~15g(茶さじ大盛り2杯か3杯)が一人前の量です。ミントなら、5~8枚ぐらいです。

 

 

【1】ポットに熱湯を注ぎ、30秒ほど、冷まします。お湯の温度を90度前後にする為です。

 

【2】ハーブをポットに入れ、すぐにフタをし、3~5分蒸らします。

 

【3】お好みの濃さになったら、ポットの中をスプーンなどでかき混ぜ、出来上がり。

 

爽やかな香りを楽しむなら、フレッシュハーブの方が上です。薬効が高いのは、ドライハーブです。

アイスにするなら

使うハーブの量を1.5~2倍にします。これは、ドライでもフレッシュでも同じです。氷で割るだけでなく、ソーダ水で割っても美味しいですよ。

 

バジルとパセリもハーブティになる

パセリは栄養の宝庫です。また、口臭予防にも効果があるといわれています。それに、老廃物の排泄、脂肪燃焼にも期待が寄せられていますよ。ブレンドして使います。

 

 

イタリア料理でおなじみになったバジルは、風邪予防や滋養強壮に力を発揮してくれるハーブです。サラダだけでなく、ハーブティにしてもスッキリとした味わいですよ。


どちらも、ドライになった物が、業務用スーパーで200gと大容量で売られています。

関連記事