2015.09.18

元カレから言いよられてさっさと復縁しちゃう前に言っておくべきこと・4つ

失恋は誰にでも起こることですが、復縁の道は選ぶ人と選ばない人がいます。

大好きな彼の方から突然振られてしまった!ショックで毎日泣き暮らして、やっと立ち直りかけていた時に彼から「やっぱりお前しかいない!復縁したい」と迫られたらどうしますか?

嬉しい!と舞い上がって即OKしてしまいそうですが、ちょっと待ってください。
元カレから復縁を迫られた時にきちんと確認しておかないと後から後悔することになるかもしれません。

今回は、元女探偵である筆者が復縁を考えたときに確認しておくべきこと、言っておくべきことを解説します。

1.ちゃんと付き合う意思はあるのか確認すべき

「やり直したい」という言葉だけだと、セフレ化してしまう可能性があります。
人によっては都合よく「肉体関係だけやり直したい」「彼氏彼女として戻ろうとは言ってない」と言い訳する男性もいます。

面倒臭がられるかも?と思わないで「どうヨリを戻したいの?」と具体的に確認しましょう。

2.別れの原因になった問題が解決したのか確認すべき

過去の別れの原因が、彼の浮気問題だったり借金だったりと何かしらのトラブルが発覚して別れたようなケースもあるかと思います。

他にも、性格の不一致だったり仕事上の問題や生活パターンの合わなさなど理由は色々あるでしょうが、そこが解決されていないと復縁してもまた同じことの繰り返しになってしまいます。

解決の途中だったとしても、彼の中でどう考えているのかの展望についてしっかり聞きましょう。

3.復縁したいと思った理由を確認すべき

離れている間に、彼も何かしら思うことがあってあなたとの復縁の意思を固めたはずです。

その理由はしっかり聞きましょう。
「寂しかった」などの曖昧な内容では、ヨリを戻してもまたすぐに別れることになってしまうかもしれません。

なぜ復縁したいと考えるに至ったかの経緯や思いをしっかり聞いて、あなたへの愛情が感じられる理由かどうかを確認しましょう。

4.結婚前提じゃないと付き合わないと言うべき

自分はすごく彼と結婚したかったのに別れてしまったケースでは、復縁を申し出られたら「プロポーズと同時じゃないと付き合わない!」と宣言するくらい強気に出るべきです。

あなたの強く結婚したい気持ちを知っていて別れたくせに、そこをウヤムヤにして復縁しようとする男性との未来はありません。

おわりに

自分が振られた立場でも振った立場であっても、元カレからの復縁の申し出に動揺しない女性はなかなかいないと思います。

気心の知れた相手だからこそ、きちんと確認しないで楽な方に流されてしまいがちですが、前と同じことの繰り返しでは、復縁したってうまくいきません。

きちんと確認し、彼の口から改めて約束してもらうことで、彼の中でもしっかり覚悟が定めてもらってから、決断してくださいね。

(上岡史奈/ライター)
(伊東亜梨沙/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事