2015.09.19

僕たちだって恋愛したいんです!草食系男子の恋愛に対する本音・5つ

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
草食系男子と聞くと「恋愛に興味がない」の印象が定着していますよね。
そんな草食系男子を好きになったのは良いけどどうやってアプローチしたらいいの?と頭を悩ませる女性もいるかと思います。

そこで、私が身近にいる草食系男子の友達に恋愛についての本音を聞いてみたところ「恋愛に興味がないわけじゃない!」というご意見が。
さらに掘り下げて聞いてみると、草食系男子のちょっと複雑な「恋愛に対する本音」が見えてきました。

そこで今回は「自分は草食系男子だ」と感じている20代男性20人に、恋愛に対する本音についてお話を聞いてみました。
恋愛に対してどう思っているのか、草食系男子の本音を見てみましょう!

1.自分のペースを大事にしたい

「自分のペースを崩すような女の人は苦手かな。振り回されるとやっぱり疲れるし。」(25歳/事務員)

草食系男子は恋愛に興味がないんだと思われてしまうのは、もしかしたら彼ら独特のマイペースな性格が原因かもしれません。
マイペースなため、大勢で何かをするということも少々、苦手な部分があります。

だからこそ、このマイペースな性格を利用すれば「2人の世界」に持っていくことも可能です。彼らの独特なペースに流れを任せてみるのも、意外と面白いのかもしれません。

2.デートは誘うより誘われたい

「自分からデートに誘うなんて夢のまた夢・・・。断られた時のショックとか考えたらもう・・・。」(21歳/大学生)

草食系男子も男です。女性と2人きりになりたいと心の中では思っている部分があります。
気になったらこっちからデートに誘うくらいの勢いで接してみましょう。

とはいえ、手あたり次第にどこ行きたいあそこ行きたいと騒いでいては意味がありません。
彼らが好きそうな「おしゃれなお店」を提案するのがポイントです。おしゃれなカフェでランチをするところからスタートをするのでも良いですね。

そこからファッションが好きなら洋服屋、音楽が好きならCDショップなど、彼らの趣味に合わせたスポットを攻めていきましょう。

3.分かりにくいけどアプローチはしている

「一応これでも好きな子にはアプローチするよ・・・。ずっと視線を送っていたり、連絡をしたり。」(23歳/大学院生)

ずっと視線を送っていてもこっちは気づきませんよ!
取材の話は極論ですが、草食系男子はこれくらい分かりにくいアプローチをします。

しかし、そんな彼らにも分かりやすいアプローチの瞬間があります。それは「積極的に連絡をしてくる」という部分です。

「プライベートな時間」もあなたと関わりたいと考えているので、ついつい連絡をしちゃうんです。連絡くれるのも嬉しいけど、できれば話しかけて欲しいですよね・・・。

4.「プライド」はあるから認めて欲しい

「自分から行動することにためらっているだけで、実際は女性に興味あるよ。でもそれが伝わらなくて傷つくんだよね。」(26歳/教師)

草食系男子はプライドが高いのに自信がない人が多いです。

なので、否定されると彼らは傷ついてしまいます。プライドを認めてあげることと、広い心で接することが重要なのかもしれません。
そうすれば草食系男子は一気にあなたのことを信頼するはずです。

5.自分も草食系女子だったら……

草食系男子の心の内はわかったけれど、自分も同じ草食系女子。お互いの好意は感じ取れるけれど全然、恋愛が進展しなくて困っている。

そんな草食同士さんたちにお勧めなのは、会社や学校でのトラブルネタで近づくこと。「どうしようかねえ」「本当に困っちゃうよねえ」など言いながら、距離を縮めて2人の世界を作りましょう。

トラブル解決のミーティングも、おしゃれなカフェにしてしまえば、デート気分になれるはず。どんな理由でもいいので「まず2人になる」ことです! ミーティングという名の「デート」。これなら恥ずかしくありませんね。

おわりに

草食系男子はどこか気難しいイメージがありますが、決してそんなことはありません。
彼らも男性なので恋愛にも女性にも興味があります。
是非、積極的に行動して彼らとの恋愛を楽しんでくださいね。

(矢沢ゆう/ライター)

関連記事