2015.10.01

秋の味覚!おいしく美しく食べたい、おすすめの野菜&果物ベスト3


皆さんこんにちは!15万本以上の爪を施術してきたネイリストでスキンケアカウンセラーの川上あいこです。食欲の秋、いよいよ到来ですね。美味しい物が多い季節でもあり、冬に向けて蓄え準備中の身体が「うまい!」と雄叫びをあげつつ、色々と吸収してしまう季節です。身体の底から飯がうまい。これ以上幸せなことはありません。
とはいえ、どうせ食べるなら身体にいい物が食べたい。カロリーが高いとわかっていても美容効果が高いことを知ると、摂るべき食べ物に思える不思議。知識マジックです。
美味しい物は罪悪感を持たずひたすら味わいたいですよね。「これはコラーゲンが多くてね。明日の朝プルプルよ」なんて知識があるだけで、夜中の豚足にすら言い訳できてしまう美容脳なわけです。
ということで、今回の「チリツモ美容道」は秋の食べ物の美肌効果についてです。
不足しがちな野菜ですが「こういう効果がある!」と知るだけでモリモリ食べたくなるはず!

◇「太るかも・・・」迷ったら買おう!焼き芋

風の寒い夜。震えながら駅に降り立ったら香る、あの香ばしくも懐かしい香りといえば「焼き芋」。女性は好きな方多いですよね。さつまいもに含まれるヤラピンは便秘解消に効果的なことは有名ですが「とはいえ、芋だし太るかなぁ・・・」と悩んだことないですか?
でも、迷うのはもったいない!さつまいもってビタミンCがとっても豊富なのです。しかも、加熱しても壊れにくい。アントシアニンも豊富で、アンチエイジングに最適といわれるさつまいも。ビタミンBもEもとっても豊富。食べないのはもったいなーい!
1人で帰る寒い夜。食べたくなったら買ってみてください。美肌と美腸に変身です。

◇飲むなら必ず頼もう!里芋料理!

秋の入り口。焼き魚や鍋物にお酒が似合う季節到来です。ホッケも大きいしサンマも脂がのって、もう、もつ鍋もいっちゃうー?!的なノリになってくる秋の居酒屋。まつたけ、栗ごはん、カツオのたたき・・・食べ過ぎます。そして飲み過ぎます。だって美味しいんだもの。財布の紐と一緒にベルトも緩めて飲み会に向かってしまう季節ですが、太りたくはありませんよね。そんな時におすすめな秋野菜が里芋です。
里芋の煮ものとか、里芋のピザとか色々ありますが、里芋には「マンナン」が豊富。水溶性食物繊維のマンナンは聞いたことがある方も多いはず。そう、水で膨らむアレです。先に里芋を食べることで、お腹の中で膨れてくれるのでダイエット中の食べ過ぎ防止にもってこい!一品目に必ず食べたい里芋。おすすめです。

◇風邪の予防にもぴったり!の柿

秋冬のビタミン果物といえば「みかん」を思い浮かべますが、実はみかんの倍ビタミンCが含まれている柿。とにかくビタミンCが多いので、風邪の予防にぴったりなのです。柿はタンニンも多くお酒を抜く果物ともいわれ、二日酔いにも最適の秋の果物。この季節しか食べられない果物なので、積極的に摂りたいですね。

◇おわりに

秋って食べ物が美味しすぎて色々と食べたくなる季節。アレもコレも美味しいので食べることが楽しいですよね。なので、筆者はどんな場でも「まずはビール」ならぬ「まずは里芋」。食べ過ぎを防ごうという、食欲に対する小さな抵抗です。

参考:野菜&果物図鑑

(川上あいこ/ライター)
関連キーワード

関連記事