2015.09.23

そんな一面が…!男性がグッとくる、「恋につながるギャップ」・4つ

恋愛ではギャップが大きな魅力になりますが、男性はどんなギャップが好きなのでしょう?

そこで男性に「どんなギャップがある女性に惹かれるか」をインタビューしてきました。

1.チャラそうなのにしっかりしている

「金髪のギャルなのに言葉遣いや礼儀がしっかりしている子を見ると、その意外性にドキッとしますね。」(22歳/学生)

見た目は緩かったりギャルっぽいのに、話をしてみたら意外としっかり将来のことを考えていたり、マナーや礼儀が出来ているような女性は「チャラそうなのにしっかりしている」と好評でした。

「自分はあまり頭が良くないと思われがち」という女性こそ、礼儀やマナー、言葉使いなどをきちんとしておきましょう。

2.仕事ばかり頑張っていそうなのに家庭的

「職場の同僚の家に遊びに行った時に、いつも遅くまで働いて仕事を頑張っている子なのに、部屋は女性っぽくて出された料理も家庭的で、意外な一面を見た気がして好きになったことがあります。」(26歳/イベント)

仕事を頑張っている女性を魅力的ととらえている男性も多いですが、ここで大事なのは家庭的な面も持っているというギャップ。

仕事が上手な女性が、家に遊びに行った時に、部屋がキレイだと「あれだけ働いているのにこんなにキレイに保つのってすごい」という感動や、ありもので料理を出せば「料理もできるの?」とびっくりしてもらえるようです。

3.ブランドものが好きなのにアウトドア好き

「普段は高そうなブランド品ばかり身に付けている子が、俺が「登山行った」話をしていた時に食いついてきて「一緒に行きたい」と言われたのにはびっくりしました。
このギャップは一気に親近感縮めましたね。」(25歳/マスコミ)

「オシャレなお店や高級なお店しか行かない」と見える、ブランドもの好きな女性が「実はアウトドアが好き」というのは、男性からするとかなりの好感触。

一緒に遊びに行きたい、自分が知っている面白いところに連れて行ってあげたい、と思うそうなので、気になる相手がアウトドアが好きな場合には「私もやりたい!」と言ってみて。

4.遊んでそうなのにガードが硬い

「男友達が多い子が「友達は多いけど、付き合うとなるとなかなかそう思えなくて、付き合った相手は今まで1人しかいない」と言っていた時に、意外な気がしてそれから気になり始めました。」(21歳/学生)

遊んでいる風に見えるけれど、「今まで付き合った人は少ない」「すごく一途」など、実はガードが硬い女性も人気でした。

ただし硬すぎると「ハードルが高い」と思われてしまう可能性もあるので、硬そうに見せながらも本当に好きな相手には心を開いているそぶりも必要です。

おわりに

ほかにも「マイペースに見えるけれど、相手のことをちゃんと気遣える女性が好き」と言った声もありました。

こんなギャップがある女性になれば相手をドキッとさせることができるかもしれませんよ。
自分が普段どんな風に見られているのか、一度振り返るところから始めたいですね。

(栢原 陽子/ライター)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事