2015.09.25

ひとり暮らしが恋愛に有利な理由・4つ

ひとり暮らしをしたことはありますか?
男性からすると、実家暮らしの女性よりもひとり暮らしをしている女性の方が、恋愛対象に入りやすいんだそう。

そこで男性に「ひとり暮らし女子の方が恋愛をしやすい」と考えている理由についてインタビューしてきました。

1.親を意識しなくてイイ

「もちろん親と仲が良いのはいいことなんですけど、「実家暮らしで親とも友達みたいに仲がイイ」と言われるとちょっとイヤ。
俺のこともなんでも話されてるんじゃないかとか不安になるし、紹介したいと言われると「まだちょっと…」と思うので。
それを考えるとひとり暮らしの方がラク。」(26歳/イベント)

実家暮らしとなるとデートの時の門限、旅行やお泊まりをする時のいいわけを考えるのも面倒になってしまいます。

また実家暮らしの方がひとり暮らしに比べて親からの連絡頻度が高いらしく、デート中に「今日は何時頃に帰るの?」などメールが来るとやはり親の存在を意識せざるを得ません。

親の存在がちらつくと重荷に感じるという男性もいるようなので、実家暮らしのかたは親の話はし過ぎないように。

2.気軽にお泊まりができる

「ひとり暮らしの女性で一番嬉しいのは、いつでも遊びに行けるし何も気にすることなく泊まれるところですね。
「親に連絡しなきゃ」とか言われると萎える。」(25歳/旅行)

旅行など前もって企画していることであれば、親への言い訳も考えておくことができますが、実家暮らしだと突然のお泊まりはしにくいもの。
社会人ともなれば平気かもしれませんが、それでも突然のお泊まりともなれば、親は心配し「誰とどこに泊まるの?」と聞いてくることも。

彼が突然会いたくなって泊まりにくるということもできないので、この点でもひとり暮らしの方が良いようです。

3.一緒に料理をするなど、できることが広がる

「ひとり暮らしの女性だったら、手料理を食べさせてもらったり気軽にできるじゃないですか?
うちで作ってもらってもイイですけど、お皿もそんなにないし、やっぱり女性の家のほうが落ち着きます。」(27歳/飲食)

実家暮らしに比べてひとり暮らしの良いところは、一緒に生活しているように2人だけの空間を作ることができるところ。
例えばキッチンで一緒に料理をする、一緒に近所のスーパーに買い物に行くなど。

もちろん男性がひとり暮らしをしている場合でもできないことはないですが、男性のひとり暮らしの場合、そこまで調理器具を揃えていないことも多く、「一緒に料理」などを考えると女性の家の方が良いようです。

4.会いたくなった時にいつでも会える

「実家暮らしだと夜とか誘いづらい。でも会いたくなる時って夜の方が多いから、気軽に会えるひとり暮らしの子がいいですね。」(24歳/学生)

ひとり暮らしに比べて実家暮らしは、夜に出かけにくい、突然の誘いをしにくいと行った不利な点があるようです。

確かに夜に会いたくなっても「こんな時間に呼び出したら、どんな彼なのか親から疑われそうで彼女もかわいそうだから我慢しよう」と男性が思うのもわかりますね。

おわりに

ひとり暮らしの女性の方が、親の目を気にすること無く、一緒にいろんなことを楽しむことができるという理由から恋愛対象に入りやすいようです。

ただし、気軽に遊べると思われ、遊ばれて終わりなんてことになってしまわないように注意は必要かも?

関連記事