2015.10.03

12星座別あるある「お化け屋敷の楽しみ方」


最近では、季節を問わず人気のお化け屋敷。人気アニメとコラボしたものや、クイズやパズルを解きながら楽しむゲームタイプのものなど、新しいタイプのお化け屋敷もあるようです。友だちと騒ぎながら楽しむも良し、恋人と二人でピッタリ寄り添いながら進むも良し。それでは、星座別にお化け屋敷をどう楽しんでいるのかをチェックしてみましょう。

○火のエレメンツ(牡羊座・獅子座・射手座) 

 あまり大きく怖がらないのが火のエレメンツ。
牡羊座はゴール目指してまっしぐら。お化けが出てこようがどんな仕掛けがあろうが、気にすることはありません。むしろ勢いがありすぎて、間違って非常口を開けてしまいそうです。
獅子座は怖いことは怖いのですが、それよりも「全てを楽しまないと損」と考える方が先にやって来ます。常に仕掛けの全てを丹念に観察し、どういう驚かせ方になっているかまでじっくり考えます。
射手座はお化け屋敷の仕掛けそのものに興味があります。材質や色彩、演技など細かいところが気になります。あまりにひとつのことが気になると、お化けがやって来ても気づかないこともあるようです。

○地のエレメンツ(牡牛座・乙女座・山羊座)

 警戒心が非常に強い地のエレメンツ。
牡牛座はどこから驚かせようとしているのか、すぐに気づいてしまいます。そのため、怖がる前にお化けのいる場所をじっと見つめてしまい、お化けが出てきにくいこともあるみたいです。
乙女座は最後までじっくり楽しもうと、かなりゆっくりとしたペースで進みます。時には見落としたかもしれないと思って、一度戻って確認してから進むことも。
そもそもお化けを信じる人が少ない山羊座。お化けに怖がることはありませんが、大きな音やいきなり出てくる仕掛けには弱いです。むしろ、怖がるというより怒りだしてしまいそう。

○風のエレメンツ(双子座・天秤座・水瓶座)

 風のエレメンツは面白がり方がそれぞれ特徴的です。
双子座は隣にいる人を一緒になって怖がらせようとします。「ほら、あそこに何かいる」とか言い出して、笑っています。しかし、驚く時は人一倍派手です。
基本的に怖がりの天秤座は、あまりお化け屋敷に入りたいとは思っていません。しかしみんなが入るならと一緒に入って、結局後悔してしまうのです。
いつも独特のセンスが光る水瓶座は、お化け屋敷の楽しみ方も独特。お化けの髪型やセリフなど、確かに日常では違和感を覚えるであろう部分を面白がります。楽しんでいることは間違いありません。

○水のエレメンツ(蟹座・蠍座・魚座)

 水のエレメンツは心の底からお化け屋敷を楽しみます。
蟹座は隣にいる人の腕を掴んで離しません。少しでも先に行こうとすると「置いて行かないで!」と叫び出します。中にいる時はとても怖そうですが、外に出るとスッキリと楽しそうな表情になっています。
蠍座はちゃんと怖がっているのですが、周りの人からするとそんな様子がありません。それは「なぜ怖いのか」をずっと観察しながら進んでおり、リアクションがない分冷静に見えてしまうのです。
魚座は一緒にいる人によって楽しみ方が変わります。怖がっている人がいれば率先して前に出ますし、強気な人がいれば後ろからついていきます。

◆おわりに◆

 ジェットコースターと並んで、気兼ねなく絶叫できるアトラクション。怖がる人を無理やり連れ込むのはいけませんが、せっかくならみんなで楽しみたいですよね。それぞれの反応を観察しつつ、一緒に楽しい時間を過ごしてみてくださいね。

(草彅健太/ライター)
関連キーワード

関連記事