2015.09.27

控えめ女子だからこそ使える恋愛テクニック・4つ

恋愛に積極的にいけない、控えめなほうだという女性もいますよね。そういう方は、積極的な女性をうらやましく思って無理して頑張っていませんか?

もちろん頑張ることはいいことですが、控えめ女子だからこそ使えるテクニックもあります。

今回は、控えめなほうだけれど恋愛はうまくいくことが多い、という女性に「控えめ女性だからこそ使える恋愛テクニック」についてインタビューしてきました。

1.「控えめ女子好き」を狙う

「私は大人しいほうですが、あんまり彼が途切れたことはないです。
大人しい女性が好きという男性も多いですし、無理に積極的にしたり明るくしたりするのも違うかなと思うので。」(21歳/学生)

世の中にはいろんなタイプの男性がいます。積極的でいつも楽しい女性が好きという男性もいれば、大人しくて控えめな女性に魅力を感じるという男性も。

「無理している感」が出てしまうと「頑張っているイタい女子」と思われて逆効果になってしまうこともあります。

控えめ女子でも「自分のような女性を好きになってくれる人もいる」とありのままの自分に自信を持ちましょう。

2.周りから応援してもらう

「いつも彼や好きな人がいると騒いでいる女性と違って、自分から「好きな人がいる」とはあまり言わないタイプなので、好きな人ができて周りに協力をお願いしたらみんながすごく協力してくれます。本気だと思ってもらえたみたい。」(22歳/学生)

いつも「あの人かっこいいよね」「また新しい彼ができたー!」と言っている女性に比べると、控えめ女子の「好きな人がいる」というのは本気度が高く聞こえるので周りの友達からも応援してもらいやすいそう。
ここぞという時には周りに協力をお願いしてみて。

3.合コンやサークルで無理に盛り上げなくてOK

「人が多いところでみんなの前で話をしたりするのは苦手なんですが、周りも私が大人しいことを知っているので、そんなことは求められなくて。
それよりは目立たないことをやりつつも、気になる男性にこっそり話かけて仲良くしてもらっています。目立たないからこそできるのかも。」(24歳/受付)

人が集まる場所に行った時、普段から元気の良い女性の場合には、盛り上げ役を期待されることがありますが、控えめ女子ならその場で盛り上げることは求められていないため頑張る必要はありません。

大人しく座ってサラダの取り分けや空いたお皿を下げるなど男性が好きな「気配り」をしながら、気になる男性がいればこっそり話しかけるといった策がとれるようです。

4.少し頑張るだけで男性に喜んでもらえる

「彼と旅行に行く時に、楽しみでいろいろ調べて、「行きたいところ選んだよ」と言ったらすごく喜んでくれてびっくりしました。
私があんまり自分の意見を言わないので、楽しみにしていたことが伝わったみたいです。
普段とは違うことを少し頑張っただけでも喜んでもらえるって得です。」(26歳/事務)

気になる彼ができた時に、あまり積極的に自分から行けない大人しい女性なら、少し頑張るだけで男性に喜んでもらえる可能性が高いよう。

例えば、普段は男性と話もしないという女性であれば、男性に自分から話しかけるだけで「なんで俺に話しかけてきたんだろう?もしかして俺のこと好きなの?」と思ってもらえることも。

おわりに

無理をしていると相手にも伝わってしまうものなので、無理に頑張るよりも、自分に合った方法を使ってアプローチしていったほうが効果的なよう。

「自分は控えめな方かも…」という女性は、これらのことを駆使してみてはいかがでしょう?

(栢原 陽子/ライター)
(柳内良仁/カメラマン)
関連キーワード

関連記事