2015.09.27

恋を呼び込むお部屋!彼氏にもっとゆっくりしてもらえるお部屋の作り方・5つ

彼氏ができた瞬間から、あなたのお部屋はあなただけのものじゃなくなります。彼氏もお家に遊びに来るわけですから、彼氏のこともしっかりと考えたお部屋作りをしたいですね。

あなただけじゃなく、彼氏もゆっくりとリラックスできるお部屋なら、きっと「彼女の部屋なんか好きだわー」と思ってくれて、たくさん遊びに来てくれるようになるはず。

そこで今回は、都内の専門学校でインテリアデザインを学ぶ女子学生5人に集まってもらい、「彼にゆっくりしてもらえる部屋作りのコツ」について聞いてみました。

1.ギラギラさせない

「女の子っぽくかわいいお部屋にしようとして、ポスターとか写真とかを壁にたくさん貼ったり、カラフルな置物とかをいっぱい配置してしまうのはよくないです。
目に入る刺激が多すぎる部屋は、楽しくてもリラックスはできないから」(Kさん/19才)

なるべくシンプルで、ちょっとくらい物足りないなって感じるくらいのお部屋のほうが、長時間いても脳がストレスを感じることがないんだそうですよ。

2.色も大事!

「お部屋全体のテーマカラーみたいなのがあると思うけど、白っぽい部屋が一番だね。
ピンクとか赤とかは、たしかにかわいらしいけど、落ち着ける部屋じゃないな」(Tさん/20才)

オススメの色は、白、そして黒や紺などのモノトーンよりの色だそうです。
赤は、回転率をあげたいファストフード店などでよく利用されている色だそうで、脳を興奮させて落ち着かなくさせるみたいなので、ダメですね。

3.家具は低め

「ゆったりとした空間を感じさせる部屋にしたいなら、家具は背が低めのものがオススメ。そうすると、部屋が広く感じる視覚効果があるの」(Aさん/20才)

たとえば、普通のお部屋にあんまりにも大きなテレビを置くと、部屋が一気に狭く感じますよね? それと同じような感じだそうです。
テーブルとかはとくに部屋の中央にくるので、低めがいいそうです。

4.彼氏の「居場所」を作ってあげる

「人は、自分の居場所がある空間には長くいられます。
彼氏専用のクッションを用意してあげて、そこにいつもいてもらうようにするだけで、居心地は変わりますよ」(Hさん/19才)

猫ちゃんを飼ったりするときも、居場所を作ってリラックスさせてあげますよね。

これと同じで、まさに「借りてきた猫」な彼氏にも居場所を与えてあげましょう。そうしないと、いつまでもそわそわして落ち着きませんから。

5.彼氏の好きな食べ物・飲み物を常備

「これはインテリアに関係ないんだけど、いいですか(笑)? 
彼が好きなものを冷蔵庫に入れておいてあげると『自分んち感』が増すと思う。コーラ好きな彼なら、いつもコーラを置いておいてあげよう」(Nさん/21才)

なるほど。たしかにインテリアは関係ないけど、彼氏持ちの女子のお部屋には大事な要素かもしれませんね。ようは、彼氏を部屋に呼び込む「撒き餌」ですよね(笑)。

おわりに

どうでしたか? どれも些細なポイントですけど、お部屋がそこに居る人に無意識に与える影響は、私たちが思っている以上に大きいそうなんです。

これらを完璧にすれば、彼氏はあなたの部屋なしじゃ生きていけなくなるかも!?

(吉沢みう/ライター)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事