2015.09.29

さすがは女子だ!おうちデートで好感度アップするマナー・5つ

気になる男性に「ちょっと家でお茶していく?」なんて言われればドキドキしますよね。
せっかくなら男性の家に行ったとき、「さすが女の子だなぁ」と感心されるマナーを守って、清楚な女性をさりげなくアピールしましょう。

1.靴をキレイに揃える

「女の子が何気なく靴を揃えて隅に寄せてると、マナーがよくていいですね。
前に女友達が家に来たとき、脱ぎっぱなしにしてて『ないわ…』って萎えたことあるんですよね」(10代/大学生)

これは基本中の基本! 靴を揃えるのは丁寧さや育ちの良さを感じらるため好印象です。さらに、靴を玄関の隅に寄せればよりマナーがいいですよ。

2.部屋の隅にカバンを置く

「前に友達が来たとき、カバンを部屋の隅の方に置いたんですよ。『なんでそんなとこ置いたの?』って聞いたら、『カバンって汚れてるし、気持ち的にね』って言ったのが印象に残っています」(20代/大学生)

何気なく机の上やイスの上に置いてる人は要注意ですよ!
中には神経質な男性もいて、「カバンの置き場所を気にしない子はイヤだ!」とドン引きポイントにもなりかねません。

カバンは部屋の隅やテーブルの足元など、気遣いの感じられる場所に置きましょう。

2.さり気なく服を畳む

「羽織ってた服を自然に畳んでるの見ると、キュンとします。僕はパーカーとかポイッとイスやベッドに投げてるので、余計に(笑)」(20代/営業)

服を畳む姿は家事が好きそうな印象につながるため、自分で脱いだものは必ず畳んで置くようにしましょう。

また、部屋に服を脱ぎっぱなしにしているような男性は片付けに無頓着なことが多いため、さり気なく服を畳んであげれば「俺はガサツだけど、やっぱ女の子っていい!」と好感度アップにつながりますよ。

3.静かなドアの開け閉め

「細かいかもしれないですけど、ドアをそっと開けたり閉めたりする女性は、清楚な女性のイメージがあります」(30代/美容師)

生活音を立てないと上品な印象になるので重要ですよ。気を抜いてバタバタと開け閉めしている人は要注意です。

男性の家に上がったときは「扉の開け閉めは静かに!」と意識しましょう。

4.座り方に注意

「女の子が来たらもちろんくつろいで欲しいんだけど、あまりに気抜きすぎて座り方が雑だとちょっとイヤかも。楽にしつつ、かわいく座ってるのが理想」(20代/SE)

気を抜くと足を投げ出して座ったりしてしまいがち。気持ち体を縮めるようにして座れば女の子っぽい印象になりますよ。

5.素足で上がらない

「気になってる子が家に来たとき、サンダルを履いてたんですけど、玄関で靴下を履いたんです。あれには感動しました。
コンビニで靴下買てったのはこのためだったんですね…」(10代/大学生)

たしかに…裸足でペタペタ歩くのはちょっと不潔な感じがするので、これはマナーがしっかりしていますね!

こういった細かい点で清潔感は表れるので、サンダルやミュールを素足で履いてるときは、家に寄る前にコンビニや薬局で靴下を買うように!

おわりに

些細なことのようで一つ一つが好印象につながりますし、その姿勢が女性らしい雰囲気を生み出します。男性のおうちに上がるときはぜひ実践してみてください。

(大西薫/ライター)
(下薗なおこ/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事