2015.10.01

順調と思っているのは自分だけ!?男性が彼女との別れを意識する瞬間・4選

「彼と順調に月日を重ねている」と思っていた矢先、彼から別れの言葉を言い渡されたことはありませんか。
順調だと思っていたのは自分だけで、彼はあなたとの関係にずっと悩んでいたのかもしれません。

きっと彼にはあなたとの別れを意識し始めるきっかけになった出来事があったのです。
今回は、男性が恋人との別れを意識する瞬間をまとめてみました。

1. LINEがそっけなくなった

「だんだんと彼女からのLINEの返信がそっけなくなってきたときに「そろそろ別れなのかな」って意識し始めたかな。」(22歳/学生)

「今までLINEで一日に何回もやり取りしていたのに、一日に数回しかやり取りをしない日が続いたときは、関係の終わりが見えた・・・」(20歳/学生)

相手の「好き」という気持ちの薄れに気づいたときに「別れ」を意識し始めるようです。
LINEを送っているあなたは意識していないかもしれませんが、相手はそっけないと感じているかもしれません。
最近のLINEの内容を見返して、不安にさせていないか見直してみましょう。

2. 彼女との将来像がうまく描けない

「だらしがないし、彼女自身の将来についても適当というか「なるようになるっしょ」みたいなタイプだったんだよ。
俺は結構目標とか将来とかきっちり見据えたいタイプだったから、この子とは無理だなって思った。」(25歳/営業)

就職も見据えた大学生や、社会人にもなると「ただ好きだから付き合う」だけでは続けていけなくなってきます。

もちろん「好きでも合わないところがある」という意味で別れを意識することもあります。
ですが歳を重ねるにつれ「将来」や「結婚」のことを冷静に見据えた交際をするようになるでしょう。

未来のことを見据えた交際を続けるうえで別れを意識する人は少なくないようです。

3. お金のケンカが絶えない

「付き合っていく上でお互い学生の身分だからお金は割り勘にしていたんだけど、きっちり割り勘って面倒じゃん?だから、俺が多く払う時もあるし彼女が多く払う時もあるわけ。
それなのに「私この前1000円多く払ったのに」とか結構うるさくてさ。「じゃあ1000円返すよ」って言っても「そういう意味で言ったんじゃない」とかわけわからないことが多くて疲れた。」(21歳/学生)

金銭面で一度はトラブルになったことがあると思います。
お互い気持ちよく解決するものではないですよね。

金銭面のトラブルが多いとそれだけでも「この人とは合わないのかも」と思い始めてしまいます。
お金の話は彼と一度きっちり話し合って決まりを作っておいてトラブルのもとにならないようにしておきましょう。

4. 一緒に成長できてないと感じた

「違う大学に進学して彼女はサークルで毎週飲んだりオールしたりしてるわけ。
でも俺はそんな理系大学でそんな遊んでる暇ないしそんな時間が無駄だと思ったからサークルに入らず勉強の日々なんだよ。
そんな中彼女からサークルの話とか聞いたり、授業さぼる話とか聞いていて、俺も引きずられそうって思ったんだよね。」(21歳/学生)

恋愛をしていることで自分がやりたいと思っていることや頑張っていることに支障をきたしてしまうのは良い恋愛とは言えません。

恋をしているからこそ成長できる、そんな恋愛が理想です。
彼と一緒に成長できているか、相手の妨げになっていないか、一度考え直してみましょう。

おわりに

不快な思いをさせている側はどうしても相手の気持ちに気づきにくいです。

相手に不安や不満を溜めさせない為にも、普段から彼の話を聞いたり二人の関係について話せる機会を設けてみましょう。

(佐久間 優/ライター)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事