2015.10.02

旅行先でわかる!「カレと結婚してうまくやっていけるか」チェックポイント・4つ

同棲や半同棲をしてないカップルにとって、旅行はチャンスです。
もちろん、滅多にない「ずっと一緒にいられる時間」という意味でもチャンスですけど、それよりも大事な「夫婦としてうまくやっていけるか」を知るチャンスでもあるわけです。

旅行は、それでひとつの共同生活ですから、結婚後の2人の雰囲気がそのまま出るはず。ここでうまくやっていけるかどうかが、夫婦として成功できるかの鍵となりますね。

そこで今回は、20代女子20人と一緒に「旅行先で『カレと結婚してもうまくやっていけるか』を知るために見るべきポイント」について考えてみました。

1.夜、ホテルでの過ごし方

「夜ホテルでさー、ちゃんとケンカせずに仲良くできるかって大事だよね。たった2泊とかでもケンカしちゃうカップルはしちゃう」(美容師/26才)

たぶん、一緒に生活してこれまでは見えなかった相手の細かいところが見えてしまうので、「この人こんななの? 無理!」と感じてストレスになることがあるんでしょう。

逆に、何泊しても普段のデートみたいにずっと仲良しでいられるカップルは、かなり結婚適性ありますね。

2.カレが外国人にビビってないか

「海外旅行ね。彼女のほうがちょっと英語できるからって、全部現地でのやり取りを彼女に任せちゃうような人となんて、結婚できません(笑)。頼りなさすぎ」(受付/25才)

とくに外国などでの旅行は、カレの度胸が試されますよね。頼りがいのない人と付き合うことはできても、人生を委ねる結婚まではなかなかできませんよね。カレが夫にふさわしいかを知ることもできそうです。

3.食べ物のレベル

「2人それぞれが旅行先でどんなものを好んで食べるかでも、2人の価値観みたいなのがわかる気がする」(公務員/24才)

たとえば台湾とか行って、旅行者向けの贅沢で綺麗なお店でだけ食べたい彼女。現地の人と混ざって屋台とかで食べたい彼氏。

こういう2人は、たしかに結婚したあと理想の生活スタイルとか人生設計とかで食い違いが起きそう。こういうのは、日本より生活レベルに差がある海外のほうがわかりやすそうですね。

4.帰りの飛行機での2人の雰囲気

「帰りも仲良しで帰って来れるかも重要と思う。『やっと終わったー』って2人ともホッとしてるようだと、マズイよね(笑)」(編集/25才)

たしかにこんな感じだと、2人にはせいぜい3、4日一緒に居るのが限界って感じですよね。1年間365日一緒にいる結婚生活なんて、とてもじゃないけど無理っぽいです。

おわりに

どうでしたか? 旅行をたんなる遊びとしてだけじゃなくて、こういうことを知る機会としても活かせたらとても有益ですね。

もしもこれらのチェックポイントでどれも相性悪そうなら、カレとは結婚はせず、楽しむだけのお付き合いをするつもりでいたほうがいいかもしれませんね。

(遣水あかり/ライター)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事