2015.10.10

男性の本音「秋のデートはここへ行きたい」トップ10

みなさん、こんにちは。コンサルタントの木村隆志です。

10月になり、秋も深まってきました。暑さがやわらぎ食べ物もおいしい秋は、絶好のデートシーズン。そこで先月、私のコラム読者である20・30代男性153人に「秋のデートはどこへ行きたい?」というアンケートを実施しました。

映画館、テーマパーク、動物園・水族館、ライブ・コンサート、スポーツ観戦、ミュージアム、紅葉、味覚狩り、日帰り温泉、公園でピクニックという10個の選択肢から1位に選ばれたのはどのデートプランでしょうか。

5位 ミュージアム…12人(7.8%)

「美術館で落ち着いた大人っぽいデートをしてみたい」「秋はいろいろな展示会があるからミュージアムめぐりしたい」

“芸術の秋”は、物静かな男性にとって絶好のデートネタ。秋らしいシックな雰囲気に加え、近場で気軽に行けることや、男性同士では行かないことなどが理由のようです。
彼に「教えて」と甘えることで距離が縮まりやすいので、調べてみてはいかがでしょうか。

4位 日帰り温泉…13人(8.5%)

「ちょっとした旅行なら誘いやすいし、温泉なら喜んでくれそう」「湯あがりに2人で温泉街を歩きたい」

“行楽の秋”の中でも、根強い人気があるのは日帰り温泉。露天風呂が気持ちいい季節だけに誘いやすく、「湯あがりの彼女を見られる」という声もありました。交際前の2人も、「カップルのようなムードが生まれる」というメリットもあります。

3位 味覚狩り…25人(16.3%)

「混雑している紅葉よりのんびりしているし、おいしいから」「前の彼女と行ったブドウ狩りの楽しさが忘れられない」

“食欲の秋”を象徴する味覚狩り。ブドウ、リンゴ、ナシ、栗、柿など種類も豊富で、「一度行ったらハマった」という男性も多いようです。食べ物ネタは誘いのハードルが低いので、どんどん話題に出してみましょう。

2位 公園でピクニック…29人(19.0%)

「お弁当を作ってくれたら好きになりそう」「芝生の上でバドミントンでもやってのんびりすごしたい」

これは最も身近な“行楽の秋”。「近場の公園でピクニックしたい」という男性が予想以上にたくさんいました。
その理由は、手軽さ、のんびり感、手作りお弁当への期待。「2人きりでのんびりしたい」庶民派の男性が増えているようです。

1位 紅葉…43人(28.1%)

「やっぱり一番テンションが上がるのは紅葉」「秋しか見られないのはこれだけだし、密着して歩けそう」

1位は予想通り“紅葉の秋”。近場から名所まで紅葉スポットは多く、景色を見ているだけで楽しめる鉄板のデートです。

また、寄り添って歩けるため手をつなぎやすく、写真を撮る機会も多い分思い出に残るなどのメリットもあり、「混雑していても行く価値がある」と思っているのでしょう。

お金をかけずに秋のアウトドア

その他の順位は、10位 ライブ・コンサート…3人(2.0%)、9位 映画館…5人(3.3%)、8位 テーマパーク…7人(4.6%)、7位 スポーツ観戦…7人(4.6%)、6位 動物園・水族館…9人(5.9%)。

定番の映画館、テーマパーク、動物園・水族館より、紅葉、ピクニック、味覚狩りなどの秋らしいアウトドアが人気を集めました。

「それほどお金をかけずに、秋しかできないデートを楽しみたい」というのが本音なのかもしれません。
気になる男性がいたら、「紅葉見に行こうよ」と気軽に誘ってみてはいかがでしょうか。

(木村隆志/ライター)
(大倉士門/モデル)

関連記事