2009.12.20

会いたいと思わせる!メールで気になる彼との距離を縮める方法



気になる男の子を目の前にすると、なかなか素直に会話が出来ない。恋する乙女には多い特徴ですが、今はそんな女の子たちにとっての強い味方、「メール」があります!思いを伝えることが苦手な恋愛不器用さんも、ちょっとしたコツをつかめば自分の思いをまっすぐ相手に伝えることが出来ます。あなたの思いを実らせるために、「メール力」を上げていきましょう!


ひとまず相手からのメールを待ってみる

合コンなどで知り合った場合には、ひとまず相手のメールを待ってみます。自分からすぐに送ると社交辞令的に捕らえられてしまったり、軽い子だと思われてしまうことがあるからです。ここは次の日になるまで相手のメールを待ってみましょう。ただ、2日たっても相手からのメールがない時は自分からしましょう。そのまましないとただの過去の人になってしまいます。

また、気になっている人の友達からのメールには注意しましょう。最低限嫌われない程度の返信をするのがポイントです。男性は男性同士でつながっているもの。気になる彼以外の男性からのメールにもハートマーク付きで返信してしまったりすると、軽い子だと思われかねません。

彼の名前をいれましょう

メールの文章には苗字ではなく、○○くん、○○さんといった感じで名前をいれましょう。人は苗字で呼ばれるより、名前で呼ばれるほうが相手に親近感を持つことができます。メールのときだけ名前で呼ぶ、というのが二人の秘密のようでドキドキ感もアップ。

ちょっと丁寧さをプラスしよう

気になっている男性にメールをするとき、大切なのは「身近さ」を感じさせること。絵文字がいっぱいの可愛いメールや、デコメールを使うのではなく、「文字のみ」で「話しかけるように書く」のがポイントです。

話しかけているようなメールを作成することは決して難しいことではありません。友達に普通に話しかけるように書き、そこに「ちょっと丁寧さを+する」だけで良いのです。ちょっと馴れ馴れしいかな?と思ったら、最後の1行だけに敬語を織り交ぜたりしましょう。これだけでぐっと親近感が増して、「お世辞や社交辞令じゃなく、本音で話してくれている。」と思わせることが出来ますよ。

自分のことを話してから質問するのがポイント

ずっと質問ばかりされると答えるほうは疲れてしまいます。「最近○○という映画を見に行ったよ!」など自分のことを話してから、相手に質問するようにしましょう。

そのうち、質問を投げかけなくても「最近、海外に行ったんだ」と話すだけで話題が広がるようになるはず。こうしてメールをしていけば、一回きりのメール友達から普段からメールをする間柄に進展していきます。

デートに誘わせよう

メールのやり取りが続くようになってきたら次は彼からデートに誘わせましょう。デートはなるべくなら自分から誘うのではなく、彼から誘わせるのがポイントです。

デートに誘わせるためには、デートになりそうな話題を振ることです。よくあるのが映画です。彼もみたそうな映画を自分から見たいな~と言ってみることです。彼の好きな映画は事前にメールのやり取りの中から調べておきましょう。

おわりに

このメール術は合コンに限らず、「気になっているけどなかなか話しかけることが出来ない男の子」との距離を縮めるときにも使うことが出来ます。女子から好きな人にアプローチするのは、勇気も必要だし、色々考えてしまうもの。でも後悔だけはしないようにしたいものですね。



<おすすめ記事>

可愛くデートに誘える「顔文字メール術」6選

終わりよければ全てよし!印象の良いLINEの終わらせ方

スマホの扱い方でわかる彼の素顔とは

「エッチしたい」と伝える、顔文字メール術・5選

関連記事