2015.10.18

アンテナとコミュニケーションがポイント! お金をかけずにおしゃれになる方法

おしゃれがしたい。あれが買いたい。これも買いたい。でもお金がない……。

限られた予算の中で、いかにおしゃれをするか。これは女性にとって永遠のテーマですよね。(一部のお金が有り余っている人は除く……)

でも!必ずしもお金をかけなくても、おしゃれはできます。そのためには何をすればいいのか、コツやポイントをまとめてみましたよ!

●トレンドを把握する

いくら質が良い服や値段の高い服を着ていても、現代のエッセンスが採り入れられていない服やコーディネートは、どこか古臭くみえてしまうもの。

全身を流行のアイテムで固めなくても、どこかに一点だけトレンドを感じさせるアイテムを投入したり、流行りの着こなしを採り入れたりすれば、いきなりおしゃれ度はアップします。

そのためには、雑誌やネットなどでファッション系の記事を日頃からチェックするのが早道。あなた好みのファッションが載っている雑誌やその雑誌のウェブサイトを観れば、今どんなアイテムや着こなしが注目されているか大体把握できます。

めんどくさがり屋な人はメールマガジンに登録しておけば、自動的に最新のファッション情報が届くので、オススメです!

●ファストファッションを活用

お金をかけずにおしゃれをしたい人の強い味方、ファストファッション。生地の薄さや縫製の雑さに「うーん」と思うことはあるけれど、タグに付いている表示に従って洗濯すれば、すぐにダメになることはないですよ。

それに、とにかく安いので気軽にトレンドに挑戦できるのが魅力! これ似合ってるかな…活用できるかな…と悩んだときでも、思い切って買ってみたら意外なほどヘビロテ、なんてこともあったりします。

ちなみに、ユニクロ、ZARA、H&M、FOREVER21など様々あるショップのうち、どのショップの服が自分に似合いやすいかを知ることも大切。

たとえば、ZARAは背が高い女子に似合いやすいなど、それぞれに特徴があります(これはまた別の機会に取り上げたいと思います)。まずは色々試着して試してみてください。試着はタダですから!信頼できるセンスを持った友達に付き合ってもらうとなお良し!です。

●「どこで買ったの?」は大事

お金をかけずにおしゃれをするには情報収集能力が大切。友達や何らかの機会に会った相手が「あ、可愛い!」と感じる服を着ていたら、「どこで買ったんですか?」と質問することも大事です。

そういうのってきかない方がいいのでは……と躊躇する人もいるかもしれませんが、身につけている物をほめられて悪い気がする人はいません。相手が「安物だから~」と恥ずかしがる場合は、「全然そう見えないです!」と言えば問題ナシです!(実際そう見えないからきいているわけですし!)

特に、美容院のスタイリストさんやアシスタントさんには、安くて可愛い物を探すのが得意な人が多いです。職業柄、毎日同じような格好をすることができず、服の数が必要なことも関係しているかもしれません。

髪を切りに行く時間はおしゃれ情報収集タイム!くらいに思ってみるといいかもしれません。

●おわりに

大事なのは、お金のかわりにあなたのアンテナとコミュニケーション能力を使うこと。それを続けているうちに、今度はあなたが「それどこで買ったの?」ときかれるようになるはずですよ!(ヨダエリ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事