2015.10.19

「月」のカードが教える!恋愛に役立つアドバイスとは!

タロットカード22枚の大アルカナのうち、天体に関するカードは星と月と太陽の三枚あります。その中でも特に「月」のカードを意識することで、恋愛をより良い方向に導いていくアドバイスを探っていきます。

1.「月」のカードってどんなカード?

タロットカードの18番目にあり、空には月がかかり、荒野には2匹の犬がその月に向かって吠えています。手前には水場があり、ザリガニが描かれているのが、一般的なカードの絵柄です。太陽を陽とするのであれば、月は陰。カードの意味合いとしても不安や幻想など落ち着かない意味合いで読まれることの多いカードです。

2.「月」の本質とその影響は?

月は満ち欠けし、海の潮汐や人の生活サイクルに大きな影響を及ぼす、地球から最も近い天体で、地球の唯一の衛星です。つまり、他のどんな星よりも強い力を与える星であり、そのエネルギーは大きなものです。つまり、月のカードは単純に不安や内面の感覚を司るだけではなく、人としての方向性を決めるのに大きな意味を持っているのです。

3.「月」のカード本来の意味は?

「月」は日々その形を変えていきますが、太陽と地球との位置関係によって見え方が変わるだけで、月本来の形は全く変わりません。つまり、月のカードが意味するのは満ち欠けによるゆらぎや不安な心持ではなく、自分自身の形を再認識する時期の示唆であり、周囲における自分の位置を再確認することなのです。それは精神的な面での大きな成長にもつながってきます。

4.「月」のカードが恋愛に与える影響は?

例えば恋人が「太陽」だったとして、あなたが「月」の位置にいるのであれば、彼や周囲の環境によってあなたは満ち欠けし、常に定まった形のないまま合わせるだけの交際になってしまいます。付き合い始めや片思いの期間であれば、満ち欠けをしながら適切な距離を計っていくことは必要です。お互いにとって心地よい位置が見つかること。相手に合わせつつも自分の距離を探ること。満ち欠けは時によって不安をもたらしますが、その結果手に入れることができるものは、勢いだけの恋では得られない大切なものになるでしょう。

おわりに

「月」のカード。確かに満ちたり欠けたりする月の様子は、不安定さを示しているように感じられるかもしれません。しかし、その満ち欠けによって向き合うことができることは多く、恋愛においては長続きする恋には必要不可欠なものです。デートや一緒に過ごす時間が「太陽」だとするなら、ひとりで考え相手を想う時間は「月」に当たります。あなたにとってどちらの時間も充実したものになるように、あなたの恋愛を育てていきましょう。(桜田ケイ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事