2015.10.19

恋のトキメキはすぐそこに!?数秘術で見る「あなたの恋の始まり方」

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

例)1980年2月16日→1+9+8+0=18 1+8=9 2はそのまま 1+6=7 9+2+7=18 1+8=9 よって、1980年2月16日生まれの人の数字は9になります。ただし、年月日の足し算のときに「11」または「22」になった場合は特別な数字なので、そこで計算を止めます。

そこで今回は、数秘術からあなたの恋の始まり方を導いてみましょう。あなたの恋はスタートするでしょうか。

1・5・8・11の人 まさに一目ぼれ!出会ったときから好きでした

この数字の人は出会った時から相手に恋する一目惚れタイプ。特に、1・8の人は恋が始まったら大恋愛からの即結婚という流れになりやすいでしょう。5の人は惚れっぽく、あの人もこの人もと目移りしがち。短い恋愛を繰り返すことになるかも。11の人は直感でピンと来た人を好きになりやすいでしょう。昔どこかで会ったことがあるかも…なんて不思議な縁を感じて好きになることもあるかもしれません。

2・9の人 発見!一緒にいてみて始めてわかる人の良さ

この数字の人は友達の期間を過ごしてから恋人となりやすいタイプ。2の人は自分と共感できる人が好き。なので、友達としてある程度の時間を過ごしていくうちに、相手と共感することが増えて好きになっていくでしょう。9の人は友愛的な恋愛をするタイプ。友達からなんとなく恋人に…なんて流れでお付き合いをしていくことになるかも。また、同情から始まる恋愛パターンもあるでしょう。

3・6の人 そっくり!自分と似た相手に恋心が芽生える

この数字の人は自分と似たタイプの人を好きになる傾向があります。3の人は明るくて多くの異性からモテる人。そんなあなたは自分と同じモテタイプを好きになるでしょう。似たタイプの人と一緒に遊びに行っているうちに、自然と惹かれてしまうかも。6の人も自分と同じタイプの人を好きになりやすいといえます。そのため、自分と同じ心根の優しい人を見つけたら、キュンとしてしまうでしょう。似たもの同士、息のあった恋愛が始まりそうです。

4・7・22の人 人見知り!出会いは紹介の中にあり

この数字の人はオクテだったり、好き嫌いが激しくなかなか恋愛に発展できないタイプ。4の人は典型的なオクテで、恋愛に踏み出すのがなかなか大変。そして、常に結婚を視野に入れているので、恋愛よりもお見合いのほうが向いているでしょう。7・22の人は好き嫌いが激しく、相手をとても相手を選んでしまう傾向があります。そのため、会う前から相手のことをしっかり知ることができるお見合いのほうが向いているのかも。

おわりに

いかがでしたでしょうか。あなたはどのタイプでしたか?
恋の始まりのパターンがわかれば、あなたの恋も始まりやすいはず。素敵な恋を始めて、日々を楽しいものにしたいですね。今回の占いがそのための参考になれば幸いです。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事