2011.02.23

腹が減っては戦はできぬ!?チラシチェックは当然です!スーパーでのお買い物をお得に楽しむ方法

何にお金を使ったのか分からないがお金がない・・・なんてことありませんか?

お財布の中はレシートでパンパン、家計簿をつけるのも大変。

そこで、使い過ぎを防げて貯金も可能という方法を教えます。


スーパーに行く時間

スーパーを利用する場合、時間帯によってタイムセールというものがあり

ます。

夕飯の支度をするママさんたちがお買い物に集まる夕方のタイムセール

が狙いどきです。

 

また、この時間帯にいけない場合は閉店間近の見切り品を狙いましょう。

ついさっきまで300円近い価格で陳列棚に並んでいたお肉などは、ある

時刻を境目に次々と値下げシールが貼られ、半額以下で買えます。

 

その日のうちに食べるならお刺身やお寿司などもお得です。

見切り品はなるべく早めに食べましょう。
ネットスーパーでは見切り品や値下げ品は買えません。

店舗ごとにお得な品を見極めましょう

スーパーによっては、

・お魚やお肉がいつも新鮮なお店

・野菜が新鮮なお店

・お菓子やジュースなどが安く買えるお店

 

など同じ食品でも「AスーパーよりBスーパーのほうが鮮度がよくていいわ」

「おやつを買うならこっちのお店がお得でいいわ」と言うようにお得な分野

が分かれます。

 

可能であれば食品ごとにお店も分けてお買いものをするとさらにお得です。

 

 

 

お買い物に行く前に

お買い物に行く時は、お腹に何かちょっとしたものを入れてから行きましょう。

お腹が空いていると、ついついあれも欲しい、これも欲しいと手が伸びてしま

います。

 

また、献立を考えてからお買い物をするよりも、その日その日の特売品を

中心に買い、献立は後で考えるほうがお得です。

限られた目の前の食材で自分にしか作れない1品を作るのです。

 

今日は200円以上の物は買わない!と決め、実際に200円以上の商品が

売っていたら基本買わずに他のもので代用します。

 

100円ショップなどでゲット出来る調味料も活用してみましょう。
冷蔵庫の中身を確認してからお買い物をしましょう。

各店舗のポイントや割引日も活用しよう

お店によって何曜日はポイント2倍デー、5%オフの日、感謝デーといった

割引セールをしています。

ポイントカードやクレジットカードのポイントがたまれば500円の商品券と

して使えます。

 

 

懸賞に応募してみる

食品のパッケージに表示されているバーコードを何枚か集めて応募すると

景品が当たると言った懸賞に応募するのも良いかもしれません。

今はネットでサクサクと簡単に応募出来るものもあります。

 

商品を実際に買ってマメにハガキを書いてといった手間を踏んだほうが

安全で当選の確率もあがると思います。

 

おわりに・・・

おうちで自炊するのが大変だと感じる時もあるかもしれません。

でも生活費の中で削れるものってなんだろうと考えた時、食費も結構な出費

になっていることに気が付きます。

 

でも健康を維持しながら美味しいものも食べたいですよね。

お買い物も値段が安いからといって手を伸ばすのではなく、必要な物かどうか

を考えてから買う事が大切になってきます。

 

レストランの外食や店やものをとるよりも、自炊生活を楽しんで体も心も元気

になっていただけたら嬉しいです。

 

関連記事