2011.02.24

デキるビジネスパーソンになろう~席の順番(席次)編~

 基本的に、出入り口に近い所が末席、一番遠い所が上席(上座)と覚えていれば、大きな失敗はありません。

さいごに

これができるかできないかでは大違い!
かならず身につけておきたいマナーですね。

会議室の席次

 議長がいる場合は、議長の右手側から上席、二番手は議長の右手側と、左右交互に地位の高い順番に座ります。図は一般的な会議室の席次です。

 

取引先と打ち合わせをする場合

 中央に一番地位の高い人が座ります。出入り口から見て、招かれた会社側は奥に、招いた会社は手前に。

 

応接室の席次

  椅子により、上席と末席の違いがあります。背もたれ、肘掛のある椅子は上席、何も無い椅子は末席です。

 

 

招待された側は、招待してくれた相手がどんな目上の人であれ、末席に座るのは、失礼です。避けましょう。

タクシーの席次

 運転席の真後ろが上席です。助手席が末席になります。

 

運転手が同僚や上司の場合

 助手席が上席になります。末席は、後部座席中央です。車に乗り降りする際、「失礼します」「お世話になります」、「お疲れ様でした」「お世話になりました」と一声かけるようにしましょう。

席次が変わる時

 結婚式など、上司が部下を祝う際は、席次が変わります。

 この場合、末席に座ると、返って失礼にあたります。座る場所は違えど、普段通りの気遣いをしていれば、大丈夫です。

関連記事