2015.10.20

あなたはだめんず好き?数秘術で見る「ダメな男へのハマりやすさ」

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

例)1980年2月16日→1+9+8+0=18 1+8=9 2はそのまま 1+6=7 9+2+7=18 1+8=9 よって、1980年2月16日生まれの人の数字は9になります。ただし、年月日の足し算のときに「11」または「22」になった場合は特別な数字なので、そこで計算を止めます。

そこで今回は、数秘術からあなたのだめんずへのハマりやすさを導いてみましょう。

2・6・22の人 世話好きもほどほどに!

この数字の人は面倒見が良いことから、ダラけただめんずを引き寄せてしまいがち。2・6の人はもともと他人の役に立つことが大好きなタイプ。「世話のかかる人ね」なんて思いながらも、せっせと世話をし続けてしまう可能性が。22の人は姉御肌で引っ張っていくのが好き。なので、「私に任せておきな!」と言わんばかりにあれこれ世話をして、結果的にはだめんずを受け入れてしまいます。それどころかだめんずを作ってしまうかも。

3・5・9の人 自由と無責任のはき違い

この数字の人は自由を愛し、窮屈なのが嫌いなタイプ。そのことから、パートナーとして自分を縛らず、自由に生きている人を選んでしまいがち。3の人は楽しければ良いと将来性の無い人でも受け入れてしまう可能性が。5の人は性的魅力が強く、性にもオープンなので身体目当てのだめんずが寄ってきてしまいがち。9の人は周りに感化されやすいところがあるので、身近にだめんずがいたら影響を受けて自分までダメになっちゃうかも。

4・8・11の人 夢追い人を追いかけ泥沼に

この数字の人はアウトローだったり、夢ばかり追いかけるだめんずにはまりやすいタイプ。4の人は自分がおカタい道を歩んできているため、ふとした時にアウトローに生きている人にはまってしまう可能性が。8・11の人は上昇志向が強かったり、夢を描くことが大好き。そのため「俺はいつかビッグになるんだ」と夢を描く人に惹かれてしまいがち。夢を描くのは良いけれど、口だけだったりする場合もあるので要注意です。

1・7の人 ダメな男に用は無い!

この数字の人はだめんずとは縁遠い人たち。1の人はもともと高嶺の花を狙いにいくタイプ。だめんずが高嶺の花のように洗練された男性になることはまず無いので、ハマる心配もないはず。7の人は恋愛に対して少々クール。恋人でもある程度の距離感を置くので、たとえ相手がだめんずだったとしてもズブズブハマりこむような関係になってしまう心配はないでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。あなたはどんなタイプでしたか?
恋をしてしまうと、相手にたとえダメな点があったとしても「そこが良いの!」と受け入れてしまいがち。まさに恋は盲目状態に。でも、大事な時を台無しにしてしまわないためにも時には冷静な目も必要です。
だめんずに捕まらないように、くれぐれも気をつけてくださいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事