2015.10.21

恋に効く魔法のレシピ「しめ鯖のみぞれ和え」 第25回

恋を始める上で一番恋のきっかけとなりやすいのは、やはりなんといっても「目」。視線が合うことで好意を確認することができるのです。人間は言葉でどんなに好きだと言っていても、本気で気に入っていなければ相手の目を見る頻度が少なくなります。それくらいアイコンタクトは人間関係のスタートに欠かせないものであり、親密度を高めたり、愛情をより深めるためにも必須のものなのです。

ただまっすぐ見つめるだけでも効果的なのですが、より異性として認識される見つめ方があります。そのための目線の使い方は「横目チラ見」。真正面からよりも、斜めや横から角度をつけた方がより魅力が増すという訳なのです。難易度は高いのですが「無防備でガードが薄い視線」を出せれば恋愛上級者。物憂げであったり、けだるそうという状態は色気がありセクシーなものです。そのため、横目でチラ見される方が奥ゆかしさを感じさせるため、性的な対象になりやすいのです。

●恋に効く食のメソッド

鯖(さば)は血行を促進し、老廃物を洗い流す効果があります。血液の巡りが悪く全身に行き渡らなくなると肌の新陳代謝が衰えて老廃物がたまりやすくなります。それこそが、シミの原因。そのため、鯖を食べることでシミを予防することが可能になるのです。また、クマができるのは「血の巡り」が悪い証拠。血行不良であることが多いのです。目の下のクマの色は、まさに濁った紫色ですよね。そんなクマも鯖で血液をサラサラにして、身体の中からケアすることが可能なのです。

そして、青魚に多く含まれるのがEPA。サバ缶は特にこのEPA含有率が高いのですが、この成分は人の小腸にある「GLP-1」というホルモンに働きかけて、余分な糖を代謝を高めて分解したり、体脂肪を減らしたりしてくれます。さらに、胃に働きかけて満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いでくれるため、女性にとってはダイエットの味方でもあります。

そこで、恋を引き寄せる女性になるための魅力UPに効くレシピをご紹介いたします。

●魅力UPに効くレシピ

☆しめ鯖のみぞれ和え☆
鯖は血流を良くするEPA、DHAなどの栄養素がたっぷり含まれ、目の下のクマやシミを撃退して透明感のある美肌に。また赤大根は白大根にはない色素成分「アントシアニン」が摂取できることから、疲れ目を防止してくれます。美肌と生き生きとした目で更に魅力UPを。

・材料(2人分)
赤大根…2cm
赤大根の葉…少々
しめ鯖…片身
A   ポン酢、薄口醤油…各大2
   オリーブ油…小1
      黒こしょう…少々

・作り方
1.赤大根はすりおろし、巻きすで水気を切る。
2.葉は刻み、塩(少々)でもむ。
3.しめ鯖は一口大に切ってAを加える。
4. 3に2を混ぜ、1をのせる。

●おわりに

「目ヂカラ」というフレーズが一時期流行りましたが、まさに今回はあなたの目ヂカラをアップさせる食材の組み合わせレシピ。目がキラキラしている人っていますよね。あの瞳の輝きに男性はつい魅せられてしまうのです。どんなに可愛くても目に精気がないと魅力も半減してしまいます。今回のレシピで、あなたも目ヂカラをアップして魅力的な女子になってみてはいかがでしょう(脇田尚揮/ライター、料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事