2015.10.26

こんなはずじゃなかった!!同棲カップルが別れる理由・4つ

大好きな彼とずっと一緒にいたいと思い、同棲を考えるのは自然なこと。お互い独り暮らしだったり、交際期間が長くなれば、一緒に暮らすことで便利なこともあります。

しかし、同棲が原因で破局してしまうカップルも少なくありません。同棲はメリットもある一方で、気を付けたい事も多いよう。一度考えたい、トラブルになりやすいポイントを紹介します。

1. だらしなさが目につく

「今まではしょうがないな~と可愛く思い笑って片づけていたゴミも、毎日毎回のこととなると、ストレスでしかなかった。イライラすることが増えて冷めました。」(28歳/女性/美容)

一緒に住んでいない時にはあまり気にならなかった行動も、目にする機会が多くなると必要以上に気になることがあります。
相手の「だらしなさ」に嫌悪感を持って我慢できなくなって別れるというケースが多いようです。

服は脱ぎっぱなし、部屋が散らかる、ゴミをちゃんと捨てないなど、きちんとした性格の人は苦痛かもしれません。

どちらか一方が「帰りたくない」と感じてしまったらアウト。同棲から別れに発展する大きな原因です。

2. 家事やお金のやりくりがうまくいかない

「彼が家賃を毎月3分の1しか払わなくて、食費もなんだかんだ私の方が払っていた気がするので不満がたまってしまった。本人には悪気がないようで、一度話しあって治ったのも一瞬。
また前と同じような状態になってしまったので、我慢できなくなって別れました。」(21歳/女性/大学生)

同棲をする上できちんと決めておきたいのが最低限の仕事の割り振りや、お金の約束。自分のほうが生活費を多く払っていたり、家事をやっていたりすると気付かないうちに不満がたまってしまうことも。

「共同生活」と言うことを忘れずに、最初に決めた約束くらいは守りましょう。面倒だからといって相手に任せてばかりだと、別れの原因になりかねません。

3. プライベートが保たれない

「同棲して一人暮らしの気楽さが身に染みてわかりました。慣れるまで大変。」(25歳/男性/建築)

一人暮らしをしていると、誰にも見られていないので、リラックスできるという人も多いはず。

同じ屋根の下に人がいるというのは思った以上に大きな変化になるかもしれません。これを窮屈に感じてしまい、ケンカが多くなってしまってそのまま破局…なんて展開も。

また、同棲をきっかけに束縛が激しくなるなんてこともあるようです。プライベートを互いに尊重できないと別れの原因につながります。

4. 生活リズムが合わない

「私が寝ている時間に相手のバイトが終わり、電気がついた時やドアの開け閉めの音で起きてしまっていた。
ちゃんと寝ることができない日が多かったのでストレスがたまりました。」(22歳/女性/大学生)

どちらかの出勤時間が早すぎたり行動時間が微妙に違ったりすると、同棲したにも関わらず、寝る時間も食事の時間すら合わないということもあるよう。
だんだん「これって一緒に住む意味あるのかな」と思ってしまうのです。

相手が行動しているので寝付けなかったり、相手を起こさないように気を付けながら準備することが次第にストレスになることがあります。
生活リズムの違いから相手の優しさを感じられず、別れてしまうパターンです。

おわりに

大好きな人と一緒の時間が長くなればいいと思い同棲を始めても、逆効果になることも少なくありません。

同棲する前には、トラブルや破局を防ぐためにも、きちんと約束を決めておきたいものですね。(星あの/ライター)

(ハウコレ編集部)
(伊東亜梨沙/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事