2015.10.24

【12星座占い】車の助手席に乗ったときの言動って?

あなたは車を運転する人ですか?それとも、誰かの運転する車に乗せてもらうことが多いでしょうか。都心では電車利用が多く、車に乗る機会が少ないなんて方もいらっしゃると思います。しかし、みんなで楽しく騒ぎながら移動するのなら、やっぱり車がいいですよね。今回は、そんな車に乗った時のランキング。他の人に運転してもらっている時、助手席にいるあの星座はどんな行動を取るのでしょうか。

火のエレメンツ(牡羊座・獅子座・射手座) 

燃え上がる炎のようにスピードを求める火のエレメンツ。牡羊座は運転手に向かって、もっとスピードを出させるように求めます。「前の車なんて追い抜け! 」と煽り立てますが、勿論危険です。やめましょう。獅子座は運転を的確にサポートするナビゲーター。横から道を曲がる方向を教えてくれたり、休憩のタイミングを提案してくれたりします。ただ、自分が聞きたいラジオや音楽を優先したりする、わがままなところも。射手座は窓の外に映る景色に夢中です。初めて見る景色に興奮しているだけでなく、普段見慣れたコンビニや誰かの家の様子など、当たり前の景色にも好奇心を刺激されるようです。

地のエレメンツ(牡牛座・乙女座・山羊座)

のんびりゆったり移動する地のエレメンツ。牡牛座は助手席に座ると安心して眠ってしまいます。高速で動く景色を見ることもなく、ゆったりとおやすみしてしまうのです。乙女座も獅子座と同じく運転手をサポートしますが、その役割はまるで完璧なカーナビ。事前に目的地までの最短ルートをきっちり調べ、渋滞にはまった時は回避プランをすぐ提案します。が、スケジュール通りうまく移動できないといらいらしてしまうかも。山羊座は交通ルールやマナーにとても厳しいです。一時停止を忘れそうになったり、スピードが出過ぎたりしていると、横から厳しい目線を送ります。些細なことでも、山羊座にとっては一大事なのです。

風のエレメンツ(双子座・天秤座・水瓶座)

火に負けず劣らずスピードが好きな風のエレメンツ。双子座はテンションが上がっていつも以上におしゃべりになります。周りの人が見えない助手席から、普段なら言わないようなことを、スピードに乗せて言ってしまいそう。天秤座は静かに車の移動を楽しみます。外の景色を楽しんだり、おしゃべりに加わったり。ただ、高速道路で移動中は要注意。気遣いのあまり、トイレにいくタイミングを言い出せずにいるかもしれません。水瓶座はその移動先や状況によって反応が異なります。旅行など新しい場所へ向かう時はとても楽しそうにしていますが、通勤など日常的なルートを辿る時は、これ以上ないほどつまらなそうな顔をしています。

水のエレメンツ(蟹座・蠍座・魚座)

水のエレメンツ。蟹座はとにかく細かい気遣いが得意。のどが渇いていないか、お菓子が食べたくないか、逐一聞いてきます。そしてなにか欲しいと一言告げれば、それは足元のバッグから出てくるのです。まるで、お母さんのよう。蠍座は何も言わずに前を見つめ続けています。あるいは、目を閉じて一言も喋りません。つまらないのではありません。目の前の景色に没頭していたり、流れるBGMをじっくりと楽しんだりしているのです。魚座はスマートフォンを操作したり、ラジオを聴いたりしています。その理由は、主に交通情報をメインとした「役に立ちそうなこと」を調べるため。蟹座とは違う方向の、気遣い屋さんなのです。

おわりに

運転席から見える景色と、助手席から見える景色は、同じようでまったく違います。当然、同じ場所へ向かっていても感じ方はそれぞれ。今度助手席に乗る時は、少し違った見え方になるかもしれません。素敵なドライブを。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事