2015.10.24

【九星別男子恋愛攻略法】三碧木星男子との恋を攻略する!

生まれ持った九星は、その人がすべき人生での課題が隠されています。課題=経験すべきこと。恋愛においても、「恋でどんな経験値を積むために生まれてきたか」が隠されているのです。それがわかれば、彼の恋愛行動パターンもわかります。何がうれしくて、何がきらいで、何に気を付ければいいのか。ここを攻略して、彼との恋愛を成就させていきましょう。

彼の九星は?

<彼が何年生まれかによって、九星を割り出して下さい>

一白水星:昭和29年38年47年56年/平成2年11年20年生まれ

二黒土星:昭和28年37年46年55年/平成元年10年19年生まれ

三碧木星:昭和27年36年45年54年63年/平成9年18年生まれ

四緑木星:昭和26年35年44年53年62年/平成8年17年26年生まれ

五黄土星:昭和25年34年43年52年61年/平成7年16年25年生まれ

六白金星:昭和24年33年42年51年60年/平成6年15年24年生まれ

七赤金星:昭和23年32年41年50年59年/平成5年14年23年生まれ

八白土星:昭和22年31年40年49年58年/平成4年13年22年生まれ

九紫火星:昭和21年30年39年48年57年/平成3年12年21年生まれ

その年の節分以前の生まれの方は、前の年生まれとして見て下さい。
(例:平成2年1月15日生まれの方の星は「二黒土星」です。)

三碧木星男子とは?

とにかく元気で、明るくて、みんなの人気者。例えば彼が小学生ならば授業中に大きな声でギャグをいってクラス中を笑いの渦に包んでしまうような存在の彼です。例えのとおり、子供っぽいところもありますが、そこが女子の母性本能をくすぐる点でもあり、「私がいないとダメなんだから」と思わせてしまいます。一緒にいて、楽しませてくれる、退屈にさせない人です。異性・同性問わず友達も多いのですが、たまに友達と遊んでいることが楽しくなってしまって、付き合っている彼女のことを後回しにしてしまうこともあります。

どんな言葉に弱い?

ストレートに、「大好き」とか、「かっこいい」とか、「ひとめぼれしちゃった!」というように、わかりやすい言葉が響きやすいです。また、色んな角度からほめられると後から思い出してニヤニヤしてしまうほど、うれしくなってしまいます。「スタイルがすごくいい!」「頭の回転がはやいんだね!」「さすが、何でもできちゃうね」など、どこをほめても良いでしょう。彼に「あなたのこういうところがすごく素敵」と遠回しに告白したり、説明をしたりしても、あまりピンときません。回りくどい表現は苦手です。色々考えても無駄骨になってしまいます。

告白シチュエーション

告白するなら、太陽の出ている時間のうちがおすすめです。彼に告白する勇気を太陽がバックアップしてくれます。天気も、晴れの日がおすすめ。雨が降っていると、彼のテンションも下がり気味なので、告白成功率もその分低くなってしまいます。楽しく会話していて、その会話の流れのうちに、「そういえばさ、私のことどう思う?私は○○くんのこと、好きなんだけど」という感じでサラっとストレートに告白してみると良いでしょう。

攻略時注意点

ガキ大将がそのまま大きくなっちゃったような彼です。難しい話をしたり、答えが出ないような相談をされたりすると、ものすごく困ってしまいます。また、男子ですから、女子に比べればそこまでおしゃべりではないですが、どちらかというと相手の話を聞くよりも自分の話をする方が好きなので、あなたの方が聞き上手にまわってあげると、好感度がアップします。自分のことをわかって欲しい、知って欲しい気持ちがあったとしても、自分の話ばかりにならないように注意しましょう。

おわりに

いかがでしょうか。各九星の星ごとに、性格も感じ方も変わります。しっかり理解して、上手な恋を育てていきましょう。(生田目 浩美。/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事