2011.02.24

【漫画家志望のアナタ】憧れの人をキャラクターに?!漫画キャラクターの作り方

漫画のキャラクターなんて、自然に生まれてくる・上から降ってくる・勝手に動き出す…ものなのかもしれませんが、そこはやはり肉体を持った生き物とはちょっと違います。

降りて来てくれるのを待っていないで、自分から迎えに行くことだってできるのです。

  

イマジナリーフレンド

小さな子供は、お人形さんやぬいぐるみ、フィギュアなどを相手に対話したり、おままごとや対戦等々をします。 そして時には、目に見えない空想のお友達を作り出したりすることもありますよね。

 

キャラクター達も、同じく、そうやって想像(妄想)から産まれてくるものなのです。

憧れの人

キャラクターには、作者自身の姿が投影されることが多いものです。 自分や、身の回りの人を発展させて作ったキャラはリアリティを持ちますが、そんなにドラマチックな人生を送っている人は少ないので、物語が広がらず、こじんまりしてしまうこともあります。

 

特に主役級のキャラは、作者のみならず、読者から見ても、自分がこうありたい・こうしたい、ということを叶えてくれる人であったり、ワカルワカル・ガンバレガンバレ!と感情移入できる対象である必要があります。

 

リアルでも妄想の中でもいいので、自分の理想や、憧れの存在に目を向け、そこからキャラを作り出してみましょう。

 

ひとクラス作る

自分の中から自然と出てくるキャラだけでお話を回そうとすると、同じようなパターンになってしまいがちです。 また、似たような性格のキャラばかりになって、ただの内輪話になってしまったりもします。

物語をうまく展開させるには、手持ちのカードはできるだけ多くしておく必要があります。

 

そこで、学校のクラスを思い起こしてみましょう。 色々なタイプの人間がひとしきり揃っていましたよね。 頭の中で、一つクラスをつくり、一人一人の性格や家庭環境・日常生活などを考えて、遊んでみましょう!

人間観察

身の回りにキャラの立つ人がいたら、その人の言動・行動を注意深く見て、どういった部分に強烈なインパクトを感じるのか、それによってどんな感情を呼び起こされるのか、を心にメモしておきましょう。

 

漫画は、限られたページの中で表現をしていかなければならないので、何人もいるキャラクター一人一人にたっぷりページやコマを割けない場合もあります。

そんな中で個々のキャラを印象付けていくために、少ないセリフやエピソードの中でも、きっちりキャラの性格や背景を伝えられるよう、焦点を絞る必要があるのです。

 

かわいい子供たち

キャラクターは、作者にとって子供のようなもの。 『ホラ~、可愛いでしょう』と、ただの親バカで終わらぬよう、人前に出しても恥ずかしくないよう、大切に、でも時に厳しく育てていかなくてはいけません。

 

育児放棄はしない

十人・二十人の個性的なキャラクター達を、自在に操れる人もいますが、そうでない人もいます。 登場人物が多ければ、それだけバリエーションも増えますが、キャラを持て余してしまい、物語が雑多でこんがらがってしまうこともあります。 

 

自分の許容量の中で、きちんと育てられるだけの数に抑え、最後まで責任を持って面倒をみるようにしましょう。

 

 

 

 

関連記事