シャイなあなたにもできる!ココロの距離を近づけるちょっとした小ワザ

もっと打ち解けたいな、と思っていても、シャイな人同士だったりすると、なかなかココロの距離が縮まらないものですよね。

 

そこで、対人に、恋愛に…どちらにも使える小ワザを活用していきましょう。
  

ちょっとしたお願い

『ちょっとそれ取ってくれる?』といった、ささやかなお願いを、こまめにしていきましょう。

人に何かお願いされて、『ありがとう』とお礼を言われると、嫌な気はしないものです。 重要なお願い事や、面倒くさいお願い事だと、大げさ過ぎたり、嫌がられたりしてしまうので、小さなお願いを積み重ねて、ちょっとずつ【頼られている】感を植えつけていきましょう。

 

ちょっとした相談

『これとこれ、どっちがいいかな?』等々、小さなことでも常に意見を求めましょう。

最終的にその人の意見を取り入れなかったとしても、そうやってご相談を持ちかけることで、相手に【信頼されている】感をおぼえさせることがあります。

 

前項の【お願い】と合わせ技でいくと、知らず知らずのうちに親近感が芽生えてきます!

 

ちょっとした質問

プライベートな質問だと、場合によっては警戒されてしまうこともあるので、相手の趣味や興味の対象について、細かな質問をしていってみましょう。

 

例えば…相手がサッカーファンだったら、好きな選手や所属チームの詳細について…などなど。

相手は好きなものについて熱く語り始めるので、和やかな場が出来上がりますし、たとえ自分がそれ自体にあまり興味が無かったとしても、この場合の目的は、【どんなことに興味を持っているのか知りたい】といった前向きさを相手に伝えることなのです。

 

ちょっとしたイタズラ

例えば…

 

・ 離れた場所からいきなり『取って!』と、物を投げる真似をして驚かせる

・ 軽い嘘をついて、相手が血相を変えたらすぐに『嘘だよ』と訂正

 

…などなど、ちょっとした緊張と緩和で相手の気持ちをほぐしていきましょう。

 

イタズラはほどほどに! しつこくやり続けるとウンザリされ、逆に嫌われてしまいます。

半歩近づく

人それぞれパーソナルエリアがあり、親密さと距離感の感じ方も違います。

シャイな人だと、現実的な距離もたっぷり取ってしまいがちですが、親しくなりたいと思っている人に対する時は、立ち位置このへんかな、と自分が思う場所より、もう半歩、その人に近づいて接するようにしてみましょう。

 

話している途中で、ちょっと近づいたり、前のめりになったりすると、相手にも【近づきたい】という意思を具体的に伝えることができます。

 

ボディタッチを多用すると、相手によっては不快やセクハラと受け取られることもありますので、ノータッチから始めてみましょう。

『ここだけの話』

例えば、意中の相手と二人だけになった時、急に弱気な表情を見せたり、グチをポツリとこぼし、『グチを聞いてもらっちゃって、ごめんね』、『ここだけの話にしてくれる?』と、秘密の共有に持ち込みましょう。

自分だけにそんな顔を見せてくれた、という特別感を相手に植え付けていくことができます。

 

グチは深刻でない類のもので! ウザがられないよう、最小限に止めましょう!