2015.10.29

昔はよかった…って、あきらめないで!ときめきを再び目覚めさせる方法

最初はラブラブだったカップルも、お付き合いが長くなると、どうしてもマンネリしちゃったな〜って思うことが多くなってきますよね。

そんな時に使える、マンネリ空気を解消したいときにオススメの方法をお伝えします。

1. 簡単にできることからはじめよう

人間は2人で何かを「育てる」ことが大好きです。
何かを育てることで、恋人や夫婦の絆を深めることができます。

でも、犬や猫などの生き物を育てるとなると色々な条件をクリアしなければならないので、なかなか簡単にははじめられませんよね。
そんな時に簡単にはじめられるオススメの方法があります。
それは、家庭菜園やプチ農業!

お庭やベランダで作るのはもちろんのこと、最近ではスペースを貸してくれるところがあったり、パソコンから遠隔操作をして植物を育てることもできちゃうんですよ!

2.「一緒に作業する」

家庭菜園やプチ農業がなぜオススメな理由、それは2人で共同作業ができるからです。
共同作業って、普段見ることがないお互いの一面を垣間みることができるんですよね。

長い間一緒にいて、出会った頃のように新しい彼を見つけることがなかなかできない状態の中で、相手の素敵なところを新発見することができるので、お互いの刺激になること間違いなしです。

3. 「一緒に食べる」

家庭菜園やプチ農業は成長したものを収穫して食べることができます。
2人で作ったものを食べれば、買ってきたものよりも思いがつまっているので、一緒に食べればいつもよりも楽しい気分になることができるし、美味しい料理のメニューを一緒に考えてみたり、料理をしたりすることもできます。会話も盛り上がること間違いなしです。

普通にご飯を食べるよりも、2人で喜びを感じあえることができるので、楽しい時間を過ごすことができると思いますよ。

4. 「2人の間にときめくものを作る」

2人が長年楽しくいる秘訣、それは2人の間にときめくものを作ることです。趣味でも、ペットでも、先ほど紹介した家庭菜園でも何でもいいんです。

たとえば好きな漫画が一緒とか、好きなゲームが一緒とか、そんな感じでいいんです。
お互いがときめくもの、楽しい気持ちになれるものを、2人の間につくることで、お互いが同じ方向をむくことができるんですよね。

男の人同士って仲良しでいつもつるんでいるイメージがあると思うのですが、彼らをよく観察してみると、お互いのことを話しているのではなく、同じ趣味を持っていたり、共通の好きなものの話題をしていることのほうが多いんですよね。

感情をお互いに向けるのではなく、2人の間にときめくものを作って、それに対して楽しみながら会話をしていくってことがポイントです。

コミュニケーションマナー講師・吉井奈々からのメッセージ 

いかがでしたでしょうか?
家庭菜園は比較的簡単にはじめることができるので、是非挑戦して見て下さい。
ポイントは彼と楽しみながらはじめること!

プチ農業であれば、畑に行くまでプチデートすることもできますからね。(吉井奈々/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事