2015.11.01

男性がつい『あいたたた』と叫びたくなる女性のぶりっ子言動・4選

『こんな私可愛いでしょ?』と彼の前でぶりっ子をしている人はいませんか?でも彼は内心『痛すぎる!』とドン引きしているかも。

そこで今回は男性が思わず『あいたたた』と叫びたくなる女性のぶりっ子言動についてアンケートを取ってきました。

1.か弱いアピール

「『これ重くて持てな~い』とか毎回人を頼ってか弱いアピールをしてくる子は苦手ですね。
俺はどちらかというと、一生懸命重いものを持っている子を手伝いたい。」(26歳/整備)

「何でも『私身体弱いから』で嫌な係などを他人に押し付けている子がいる。
だけど合コンには参加するし、酒も豪快に飲む。ぶりっ子うんぬんより人としてどうなの?って思ってしまいます。」(21歳/大学生)

この他にも缶のプルタブやペットボトルのふたが開けられないか弱いアピールなども不評でした。
男性を頼る前に、まずは自分で出来るかどうか確かめてみましょう。

2.天然ぶる

「誰でも分かるようなことを『え~分かんない~』と天然ぶる子。
場の空気がしらけるし、次からは話振るの面倒くさいなと思ってしまう。」(24歳/商社)

「アイドルとかでもいるけれど『私本気で白馬に乗った王子様が来てくれるって信じてるの』とか言う子。
ぶりっ子しているのが見え見えだし、ただの痛い子にしか見えない。」(28歳/広告)

わざと天然ぶった発言をするのは、意外と男性にもばれているようです。
天然を押し通すのも大変ですし、自分のキャラは初めから作らない方が今後のためにも良さそうですね。

3.自分のことを名前で呼ぶ

「さすがに子どもじゃないんだからやめて欲しい。一緒にいて恥ずかしくなる。」(23歳/大学院生)

「自分のことを下の名前で呼んじゃうような子は、どんなに良い子でも職場の人とかにも会わせづらい。」(25歳/総務)

可愛く見せようとして、わざと自分のことを下の名前で呼んでいる人がいたら逆効果かも。
また幼いころからの癖が抜けないという人は、人前に出る時は改善するように試みてみた方が良いかもしれません。

4.『~だにゃん』『~でちゅ』などを語尾に付けて喋る

「人前で『~だにゃん』とか言われたら引く。赤ちゃん言葉とかもただのぶりっ子としか思わない。」(21歳/大学生)

「外でカップルが赤ちゃん言葉を使っていたらバカップルだなと思う。
もし女の子が一人で『~でちゅ』とか言っていたら、痛すぎてその場に置いて行く。」(26歳/保険)

彼との二人だけの時間だったら、赤ちゃん言葉などで甘えても良いかもしれません。
しかし外でにゃんにゃん言っているような子はドン引きしてしまう男性が多数でした。人目もありますし、普通に喋りましょう。

おわりに

いかがでしたか?
ちょっとしたぶりっ子は好きだという男性は多いですが、あまりにも狙いすぎているのはブーイングの嵐でした。

ぶりっ子も何でもやれば良いというわけではないので、場の空気に合わせて使い分けるようにしましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(大倉士門/モデル)

関連記事