2015.11.02

彼が思わず『重い…』と疲れてしまう彼女の言動・4選

何故かいつも彼と別れる時に言われるセリフが『重い…』の女性はいませんか?これは性格的なものなので、案外自分では自覚のない女性が多いようです。

確かに女性芸能人でも、普通の人では有り得ないような彼への重いエピソードを番組で話して、周りにドン引きされていたりしますよね。

そこで今回は男性に『思わず重い…と感じてしまう彼女の言動』についてインタビューしてきました。

1.スマホチェック

「彼女は俺が寝ている間や、シャワーを浴びている間に勝手に俺のスマホを見る。
『人のものを無断で見る意味が分からない!』と彼女に言うと『何で?何かやましいことでもあるの?』と結局浮気を疑われる。重いです…。」(23歳/接客)

個人情報がぎっしりと詰まったスマホを見られるのは不快であり、重いという声が多数挙がりました。

結局スマホを見ても良いことはないので、破局を阻止するためにも初めからやらない方が良いでしょう。

2.連絡はこまめに返さなくてはいけない

「どんなに仕事が忙しくても1時間おきに今何をしているか連絡をしないといけなかった元カノ。もし約束を破ると、スマホに何回も連絡が来るだけでなく、会社にまで電話が来る。
毎日恐怖に怯えていたので、何とか別れることが出来た今、すごく幸せです。」(27歳/営業)

「学校の授業中でも連絡を返さないと『何で返してくれなかったの?』と怒る彼女。こっちの状況を理解してくれないなら重いだけですよね。」(22歳/大学生)

男性の中には連絡を返すのが苦手、という人も多いですよね。返事が来ないからといって彼が浮気をしているわけではありません。

彼には彼の生活があるので、もし必要以上に返信を催促してしまっているのであれば一度見直す必要がありそうです。

3.いかなる理由でも女性と接触するのは禁止

「以前、職場に学生が教育実習に来て、自分が教育担当になった。そしたら彼女が『そんな若い大学生と仲良くするなんて許せない!』と大激怒。
そんなことを言われても俺も仕事だし、譲れないと話し合いに。結局彼女にこまめに連絡を取ることと、ブランド品を買ってあげることで決着がつきました。正直重いなと疲れてしまいました…。」(30歳/教員)

彼も学校や仕事に行っているのであれば、女性と関わらなくてはいけないこともあるでしょう。
心配だからといって何もかもに禁止令を出してしまっていると、彼も疲れてしまいます。

4.彼のテリトリーにも土足で入りこむ

「学生時代最後のサークルの集まりに『私も行く!』と何故か急に着いてきた元カノ。
もちろん元カノはそのサークルに縁もゆかりもなかったため、浮きまくることに。それと同時に俺の評判もだだ下がり。もう次は呼んでもらえないんだろうなぁ…。」(23歳/営業)

何でもかんでも彼のテリトリーに入り込む行為は危険です。彼には彼の付き合いがあるのですから、そっと見守ってあげることも大切ですよ。

おわりに

いかがでしたか?
もし一つでも当てはまる項目がある人は要注意かもしれません。
今は何も言わない彼でも、ある日突然日頃の疲れが溜まって爆発する可能性も。
彼からの『疲れ信号』を察知し、空気の読める行動を心掛けてみましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(大倉士門/モデル)

関連記事