2015.11.03

【ムーンダイエット】11月の下弦の月洋食は脂肪分解「生ハムといちぢくのサラダ」!

――月は、昔から私たち人間に、さまざまな影響を及ぼしてきました。それは、ダイエットにも関係しています。月のリズム×12星座エレメント×食材を使った、楽しく・おいしく・キレイにやせる『ムーンダイエットレシピ』をはじめてみませんか? 

■11月3日~11月11日のムーンダイエットレシピ

★下弦の月×火のエレメントレシピ★
『生ハムといちぢくのサラダ』(1人分…220Kal)

11月3日は獅子座の下弦の月。現在、月は満月から徐々に欠けていっている状態。満月の時は、肉体の完成・吸収効率の最大化を意味しますが、それを過ぎて 欠けていくと今度はだんだん「排出」するようになります。つまりデトックスという形であらわれます。脂肪分解酵素で体質改善できる「生ハムといちぢくのサラダ」は、下弦の月にいただく食材としてピッタリと言えるでしょう。

<材料>(2人分)
いちぢく 1個
生ハム 4枚
玉葱 1/4個 サラダ菜又はレタス 4枚 

A:ドレッシング
オリーブ油 大さじ1
レモン汁 大さじ1/2
はちみつ 小さじ1
マスタード 小さじ1/2
塩、こしょう  各適量
酢 適量

<作り方>
1.いちぢくは皮をむいて串切りにする。
2.玉葱は半月切りにして酢でもむ。
3.皿にサラダ菜を敷き、1、2、生ハムを盛ってAのドレッシングをかける。

レシピのポイント

一品でも満足してしまうカラフルサラダ。イチジクは食物繊維や消化酵素をたくさん含んでいるフルーツです。このため便秘の改善や腸内環境整える作用がありま す。また、体脂肪の吸収を抑える働きや、脂肪を分解してくれる成分も多く含んでいるため、ダイエット中にお勧めしたいフルーツの一つと言えます。

この時期オススメのダイエットアクション

この期間は、ダイナミックで誇り高い獅子座のエネルギーがアウトプットに適した下弦の月に入ります。仕事や役割に関すること、特に組織においてリーダーシップを発揮することで人望や協力が集まるタイミングです。また、この時期は自分の意見や考えなどをダイエットに繁栄させたり、自分をアピールするようなウェアを身に付けることが開運の秘訣。個性を発揮したり、あなた本来の魅力を輝かせるのに最適です。(脇田尚揮/ライター、料理監修HITOMI)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事