2015.11.06

運命の分かれ道!?「付き合う前の初デート」で気をつけること・4つ

人生で初めてデートをした日の思い出ってどんな感じですか?
人生で初のデートも緊張しますが、相手が変わっての、付き合う前の初デートも緊張しますよね。

ちょっとでもよく想ってもらいたいと思って頑張ってみても空回りしてしまったり。そんな失敗もありがちです。

そこで今日は女性に聞いた初デートでの失敗エピソードをもとに、「付き合う前の初デートで気をつけるべきポイント」についてご紹介します。

1.遅刻しない

「初デートで気合いが入り過ぎて、気づいたら出発時間が過ぎていて遅刻していきなり険悪ムードで始まったデートがあります。遅刻は良くないですね…」(22歳/学生)

初デートは、お互いに緊張していて「本当はどんな人なんだろう?」とドキドキしている時です。そんなタイミングで遅刻して行っては、最初からマイナスイメージを植え付けてしまいます。

メイクやファッションなど最初だからこそ時間がかかるものなので、20〜30分くらい前には着くぐらいの気持ちで行きましょう。

2.どんな服装で行けば良いかさりげなく聞いておく

「初めて社会人とデートした時に自分の中ではオシャレをしたつもりだったんですがカジュアルすぎたみたいで、連れて行ってもらったバーで私1人浮いていた気がします。」(21歳/学生)

初デートは相手がサプライズを考えていることもあり、どこに行くのかを直接聞かれるのを嫌がる場合もあります。それでも場所によって服装は考えておいた方がよいので、どんな服装で行くのが良いかは確認しておきましょう。

遊園地や動物園なら動きやすい格好で、オシャレなレストランなら大人っぽい服装で行くなど工夫してみて。

3.相手の嫌な面を知っても見てみぬふりをする

「初デートの時に相手の嫌な面が見えてどうしてもイヤになって途中で帰ったんです。
そしたら次の日、私の悪口の噂が広まっていてショックでした。どんな相手にもこっちのマイナスのイメージを与えちゃいけないなと思いました。」(24歳/秘書)

初デートは初めて恋愛対象として2人で出かける機会なので今まで気づいていなかったことに気づくことはあると思います。良いところだったら良いのですが、嫌な面が見えてしまうことも。

そんな時でも、別れた後に「無理だ」と思ったらもう会わないようにすれば済む話なので、その場で嫌な顔をするのはやめておきましょう。彼にとってあなたがマイナス評価になった場合、その噂が立ってしまうこともあるので気をつけて。

4.門限や帰る時間が決まっている時には伝えておく

「学生の頃、親が厳しくて門限がありましたが、特に彼に伝えずに遅く帰ったら父が待っていて彼と一緒に怒られてしまったことがあります。
後から彼に「なんで言ってくれなかったの?」と言われ気まずいムードになって別れました。」(25歳/美容師)

初デートで彼は「もしかして」と期待しているかもしれませんが、門限や帰る時間が決まっている時には必ず彼にも伝えておきましょう。

せっかく彼との仲がうまくいっていても、親に反対されてしまうような事態になっては余計な悩みが増えるだけです。

そこでわかってくれない彼であれば、本当にあなたのことを想ってくれているとは言えないかも。

おわりに

初デートはこれから続いていく2人の関係にとって一番最初の思い出になるものなので、なるべくお互いに嫌な想いをしないためにも、最低限これらのことは気をつけておきましょう。(栢原 陽子/ライター)

(ハウコレ編集部)
(吉木千沙都/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事