2011.02.27

座席はどこがベスト?食べ物は買っとくべき?お教えします!プロ野球観戦をもっと楽しむ方法

 春の訪れとともにプロ野球が開幕します。野球場で好きなチームや選手を応援して、一喜一憂しながら観戦するのはこの上ない楽しみです。「やっぱり野球は生で観るのがいい!」と実感してしまいます。


 でも、もっともっとプロ野球を楽しむ方法があるのです。ぜひ試してみてください。



座席を購入する

 野球観戦を楽しむためには、やはり内野席が良いでしょう。何といってもフィールドに近いですから、迫力が違います。また、近くで応援の鳴り物がうるさかったり、応援旗がはためいて見えにくかったりすることがありません。


 内野席の料金はチームや野球場によって違いますが、おおむね1席5千円台後半ぐらいでしょうか。チケットはチームのホームページなどでも購入できます。


食べ物を買っておく

 内野席はみなさん座って観戦しますから、飲食が可能です。球場近くのデパ地下でちょっと贅沢におつまみやお弁当を買いましょう。ポイントは、お箸を使わずに、串や指でつまめるものがオススメです。焼き鳥や串揚げ、串を使って食べられるシュウマイ。竹輪やかまぼこなどの練り物も手軽です。


 ご飯ものは海苔巻系が食べやすいので便利です。

 

いざ野球場へ!

 「開始時間に間に合った」では楽しみが半減です。開門時間には行きましょう。開門時間はおおむね試合開始の2時間前ぐらいです。開門してすぐに座席に着くと、ビジターチームが練習していて、ノックの守備練習やバッティング練習などが見られます。バッティング練習を見ると、伸びる打球か失速する打球かで選手の好不調がわかります。


 攻防のポイントがわかりますから、より深く野球を見ることができて楽しみが倍増します。

 

飲食のポイント

 開門してからしばらくは観客も少なくゆったりしていますから、のんびり飲食するにはうってつけです。まずは食べる準備をしましょう。包み紙や袋は、いつでも食べられるように先に取ってしまいます。試合が始まって混み合ってくると、細かい作業がやりにくくなり、わずらわしかったり、しくじったりしますので、ゆっくりできるときに準備しておきます。


 お酒類やおつまみは練習を見ながら楽しんで、試合中は食事系にしてお酒類は少なめがいいと思います。試合開始前ならまだ観客も少なく、比較的トイレにも行きやすいからです。


ビールを飲めばトイレも近くなります。試合開始前には必ずトイレに行っておきましょう。


あると便利なもの

・布製のランチョンマット

 座席にはテーブルなどがありませんから、食べ物をヒザの上に置くことがあります。ズボンやスカートの汚れ防止にランチョンマットをヒザに敷きます。ハンカチやバンダナは生地が薄くて汁や油が通りやすいので、厚めのランチョンマットのほうが効果的です。


・ウエットティッシュ

 座席が汚れていたり、串にタレや油がついていて手が汚れたりしますので、ウエットティッシュは便利です。

 

関連記事