2015.11.07

なんだかんだほっとけない!子供っぽい彼氏と安定した交際を続けるコツ・4つ

こんにちは、ライターの矢沢ゆうです。
「女子の方が男子よりも精神年齢が高い!」なんて言葉がありますが、彼氏と付き合いをしていく中でその言葉の意味をヒシヒシと感じる女性は多くいるかと思います。

ハウコレ読者の中には「私の彼、素敵だけどちょっと子供っぽい部分があるんだよね・・・」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな悩みを抱えている女性のために、今回は子供っぽい彼氏と安定した交際を続けるコツを4つご紹介したいと思います。

1.「あーまた何かやっているよ」の気持ちを持つ

「余裕の気持ちがないと自分が疲れちゃうよね。反応するだけ無駄くらいの気持ちで接するとかなり楽になれるよ。」(28歳/アパレル)

まずはこの気持ちが持てる余裕を作るように努力しましょう。
「あーまた何かやっているよ」くらいのあしらいを持たないと、振り回されてあなたが疲れるだけです。

とはいえ、あまり構わないのも良くありません。
時にはじっと彼のことを観察してみましょう。
彼が予想外の行動を起こして新しい発見をすることもあります。
そこを狙ってちょっと突っ込んでみると面白い関係が築けるかもしれません。

2.褒める時や嬉しい時は大げさな態度で示す

「こういうタイプって、かなり単純な性格をしている人が多いから、嬉しい時はそれを前面に出すと向こうも喜んでくれるから幸せが2倍になるよね。」(26歳/医療事務)

あしらっているだけでは、彼もつまんないと感じますし下手したらフラれる可能性もあります。
子供っぽい彼でも、あなたが行きたがっていたデートスポットに連れていってくれるなど、あなたを喜ばせるために努力している部分があるはず。

彼にしてもらって「嬉しい!」と感じたら、その感情を素直に表現しましょう。
そうすれば、彼も自分のことを認めてもらえた気がして幸せな気持ちになるでしょう。

3.怒る時は低い声で相手をじっと見つめる

「怒る時にヒステリックに怒ったらダメ。ただうるさいだけの女になって捨てられるから、なるべく低い声で。あとは相手の目を見てしっかり怒ること。」(33歳/小学校教師)

実はこれ、心理学的にも証明されている効果的な怒り方なんです。
女性はどうしても声が高いので、普通に怒るとヒステリックな怒り方に聞こえてしまいがちになります。

女性が低めの声で怒ると「本気で怒っているんだ」と察知して、不思議と相手は大人しくなるんです。
それに加えて相手の目をじっと見つめれば、さらに怒っている雰囲気を出すことができます。

4.不愉快な思いをした時は無視

「もうとにかく無視!そうすれば彼だって、これじゃダメなんだって気づくはずだよ。それで気づかなかったら、それまでだけど・・・。」(23歳/トリマー)

よく聞く対処法ですが、これも心理学的には効果のある方法です。
子供っぽい人は基本的に「構って欲しい」という欲求が強いため、独りよがりにあれこれして、相手を不愉快にさせてしまうことが多いです。
彼の行動が不愉快だと思ったら、徹底的に無視をしましょう。

そうすることで自然と「これじゃダメなんだ」と危機感を持って、行動を改めるようになります。
それでも彼が変わらず、何も思ってくれないようなら、一度離れてみるのもいいかも。また、少し大人になって諦めるのも一つの方法です。

おわりに

子供っぽい彼との関係を築くコツは自分が主導権を握ること。
そうすれば振り回されず、疲れることも少なくなります。
是非、この4つを駆使して主導権を握れるように頑張ってくださいね!(矢沢ゆう/ライター)

(ハウコレ編集部)
(前田希美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事