2015.11.09

寂しい、とにかく寂しい…そんな女子に試してほしい4つの対処法とは?

進学や就職。実家から上京して一人暮らしになったり、忙しくなって以前ほどは友達とも会えなくなったり。環境の変化で寂しさを感じている人も多いのでは?

かといって、そうした寂しさを恋愛で解消するのは、男性から依存体質とみられて敬遠されてしまいそう。自分にとっても大きなストレスですよね。

気持ち良く恋愛をするためにも、今回は女子大生が寂しさを感じた時の対処法をまとめてみました。

1.夢中になれるものを見つける

「何かひとつのことを熱中してやるだけでも、大学生活はガラリと変わると思う。勉強でも趣味でもいいし、アルバイトでもサークル活動でもなんでもいいと思います」(19歳/大学生)

誰しもが、何かしらの目標を持って大学に入学したはず。「●●の仕事に就きたいから」「友達をいっぱい作りたいから」と、目標を持って入りたい大学を決めた女子は少なくないでしょう。

まずはその目標を少しでもクリアできるよう、毎日の大学生活を充実させてみて。大学生活長いようで短いものです。

ハッキリした明確な目標がなくても、少しでもやりたいと思ったことは行動に移すこと。
そうすることで寂しさをあまり感じなくなるだけでなく、結果として友だちが増えたり、恋愛のキッカケにつながることもありますよ。

2.人付き合いを増やす

「ぼっち飯が話題になっているくらいだから、友達を作るのが先決じゃないかな。友達が一人もいないと、寂しいって感じても仕方ないですよね」(20歳/専門学生)

家でも一人、大学でも一人では、ますます寂しい気持ちが募ってしまいます。

部活、サークル、ゼミに入ってもいいでしょう。あるいはバイト、SNSを通じて友達を作ってみてもいいと思います。

人と関わる機会を多く持つことで、コミュニケーション力が磨かれ、人との接し方も上手になります。それに慣れれば、あまり身構えなくても自然と友だちができるのではないでしょうか。

3.考えるのをやめる

「寂しい気持ちに限らず、四六時中悩んでいるのって体に良くないですよ」(22歳/大学生)

寂しさを感じた時、「どうしてこんなに寂しいんだろう?」と考えて、どんどんと自分を追い込んでいくのはよくありません。
考えれば考えるほど落ち込んでしまい、ますます自分にとって悪影響を与えてしまいますよね。

ですので、好きな音楽を聴いたり、本を読んだり、息抜きに散歩をしたり。考えることを一度ストップさせる工夫も大切です。

これは恋愛でも同じこと。彼に嫉妬したり、束縛したりする気持ちを、どう自分のなかで消火させられるかによって、いい関係を築けるかどうかが決まるはずです。

4.人と自分を比べすぎない

「最近ってインターネット、SNSがすっかり普及して、自分と他人を知らず知らず比べることが多いので、そのことがより寂しさに拍車をかけているような気がします」(20歳/専門学生)

知り合いのSNSを見て、「それに比べて私は……」と落ち込んでしまったことはありませんか?インターネットも検索をすれば、自分の知りたいことがすぐさま分かるもの。
でも、自分とは違う実態に変に落ち込んだり、寂しさを感じてしまう女性もいるかもしれません。

とはいえ、自分は自分。同じ大学生の自分を比べて落ち込んでしまうより、ありのままの自分をより良くすることを考えてみましょう。その方があなたの魅力を理解し、支えてくれる人、いっしょにいたいと思う人も現れやすいはずです。

おわりに

いかがでしたか。寂しいという気持ちは誰にでもあるもの。その寂しさを上手に向き合うことが大人の一歩と言えるのかもしれません。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(長谷川万射/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事