2015.11.09

マイナスイオンが出てるのは誰!?数秘術で見る「あなたを癒してくれる人」

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

例)1980年2月16日→1+9+8+0=18 1+8=9 2はそのまま 1+6=7 9+2+7=18 1+8=9 

よって、1980年2月16日生まれの人の数字は9になります。ただし、年月日の足し算のときに「11」または「22」になった場合は特別な数字なので、そこで計算を止めます。そこで今回は、数秘術からあなたが求める癒され方を見てみましょう。あなたにとって、癒しを与えてくれるのはどんな人なのでしょうか。

1・11の人 我慢が続くと爆発!私の感情を受け止めて!

この数字の人はもともと感情の起伏が激しく、ストレスを溜め込みやすいタイプ。その溜め込んだストレスを、吐き出すことができる相手を求めるかも。癒しをもたらしてくれる相手は、人に尽くすことが好きなタイプ。1と11の人がどんなに愚痴を吐いても励ましてくれ、たとえ、ヒステリーを起こしても黙って受け止めてくれる包容力のある人が理想です。感情を爆発させてスッキリした後は、相手に感謝を忘れることの無いようにしましょう。

2・6・9の人 争いを好まない平和主義者。穏やかに関わって

この数字の人は、穏やかな付き合いをもって癒されるタイプ。ただし、2の人は平和主義ですが、機嫌が悪いと相手に八つ当たりをしがち。その為、気が長い人に相手をしてもらうと良いでしょう。6と9の人は争いを好まず、小さなケンカも嫌いかも。でも、意外とわがまままで甘えん坊な一面が。そのため、かまってくれる人を求めるはず。世話をすることが好きな人といることで癒されていくでしょう。

3・7・22の人 フリーダム!干渉されず癒されたい!

この数字の人はマイペースで、周りからあれこれ言われるのが苦手。3の人は子供のように自由奔放に生きて行きたい人。周りから干渉されず、好奇心のままに行動することで癒されるでしょう。見守ってくれる人が理想です。7と22の人もマイペースですが、ややクール。この人たちは派手な行動や、大きな変化を望まないタイプ。自分が心地よいと感じるペースで過ごすことが癒しとなるでしょう。そのため、自分を尊重してくれる人が吉。

4・5・8の人 私を立ててくれる人は誰!?癒しキャラ募集中。

この数字の人は、相手に自分を立ててもらうことで癒されるタイプ。特に4の人は落ち込んだ時、人からの励ましを強く求めるでしょう。励ましを受けることで自信を回復し、癒されていくはず。そのため、自分だけの応援団になってくれる人がベストです。5と8の人は友達とワイワイと遊ぶことで癒されます。その際、自分が何を求めているのかを察してくれる人が一番。さらに、遊び上手であれば、言うことありません。そんな人と一緒なら、きっと一日中ご機嫌でいられるはず。

おわりに

疲れることの多い現代社会、癒しが色んな方向で求められています。身近な人に癒してもらえるのなら、これ以上ありがたいことは無いですね。しかし、癒されてばかりではなく相手との良い関係をキープしていけるよう、相手のことにも意識を向けてあげて下さいね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事