2011.03.05

ゴルフ始めたいなーと思ってる方、必見!ゴルフの基本・グリップに関する起訴知識と練習方法

若手ゴルファーの活躍で人気が再燃し、いまや若い女性の間でもブームとなっているゴルフ。

少しでもゴルフを上達する為にはやはり日々の練習あるのみ。

ここではゴルフ練習場でできる簡単な練習法をご紹介します。



グリップの種類

ゴルフのグリップには大きく分けて3つあります

1.オーバーラップンググリップ

 右手の小指が左手に重なるグリップで、一番ポピュラーな形です。



2.インターロッキンググリップ

 右手の小指が左手の人差し指と間にロックされたように握るスタイル。

 力の弱い女性に向いているグリップです。

 ちなみにタイガー・ウッズや石川遼もこれ。



3.テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)

 10本の指で握り、右手の小指は左手に重なりません。



グリップは自分に合ったスタイルを探してみてください。

グリップを意識する練習法

グリップを意識するために効果的な練習法があります。

それは右手、左手それぞれでグリップを持ち、片手で構えてボールを打つ事です。


9番アイアンかピッチングウェッジなど短いクラブを使い、軽いスイングでいいのでボールを打ってみましょう。

片手で振る事でクラブをコントロールするコツが掴めます。


練習場では片手スイングを準備運動として左右30回ずつ行ってみてください。


片手スイングはボールを使わなくてもできるので、家で練習するのにもおすすめです。

おわりに

タイガー・ウッズも「良いスイングを作る為には、必ず良いグリップが必要です」と言っています。
飛ばすことを気にする前に正しいグリップを身につけるようにしましょう。

関連記事