2015.11.11

いつも女扱いされない!そんなあなたが恋愛対象になる「4つのコツ」とは

こんにちは、恋愛心理カウンセラーの木田真也です。

飲み会やサークル内でいつも盛り上げ役だったり、笑いのネタにされ、それはそれで楽しんでいる。男友達も多いし、交友関係も広い、だけど恋愛には無縁。

たまには女性として扱ってもらいたいし、恋愛だってしたい!
いつも女扱いされないあなたが恋愛対象として見てもらえるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

4つのコツをお伝えします。

1.見た目からしぐさを変える

シンプルですが見た目はあなたの印象を大きく変えます。
女性として見てもらえないのは髪型や服装の影響が大きいのです。できるだけ女性らしい見た目を心がけましょう。

パンツよりスカート、男もはけるようなスニーカーより女性らしいブーツやパンプス、ヒール。服装の色も恋愛色のピンクや明るい色を取り入れた方がずっと印象はよくなります。

また服装や髪形を変えると自然としぐさも変わってきます。
男性らしいかっこうをすると男っぽいしぐさに、女性らしいかっこうをすると女性らしいしぐさになりますし、スーツを着た時にピシッと気持ちが引き締まるのとおなじように、着た服によって心理状態も大きく変わるのです。

2.ちゃんとした言葉とゆっくりとした話し方

言葉遣いから女性らしく変えましょう。たとえば

「マジ?受ける!」⇒「なにそれ、面白い!」
「いいにおい」⇒「いい香り」
「腹減った」⇒「お腹減った」などです。

ちょっとしたことでかなり印象が変わりますよね?

そして女性として見られない方の多くは早口も原因です。
早口でまくしたてるような話し方は女性としての色気を損ないます。
できるだけゆっくり話すこと。

また息を吐くのと同時に話すようにすると女性らしいやわらかさが出ますし、
印象も今よりずっとよくなります。

3.話す、聞く割合を半々にする

女性として見られない方の特徴として自己主張が強かったり、なんでもポンポン話し出してしまうところがあります。

話すという行為自体が男性らしさの象徴です。
聞くという行為自体が女性らしさの象徴です。

なのでまずは話す、聞く割合を5対5の半々にしましょう。なれてくるとちょっと聞く比率を増やすのもいいと思います。話す4、聞く6くらいでしょうか。

4.リアクションは控えめに

リアクションを大きくとるとお笑いキャラになりがち。少し控えめに変えていくといいでしょう。特に笑い方が大切。

「ゲラゲラ」「がはは!」なんて笑っていませんか?
両手をバシバシしながら笑っていませんか?

笑うときは手で口を隠しながら笑ったり微笑むようにすると上品で女性らしく見えます。

おわりに

女扱いされなかったとして、今のままのような立ち振る舞いをしていても恋愛できるときはできます。

しかし、圧倒的に出会いの数は変わってくるはずです。最初はなれなくてこんなの私じゃないと感じるかもしれませんが、今のあなたも日ごろの習慣が作り上げたあなたです。

女性らしい立ち振る舞いや身なりを習慣とすればそれもまたあなたになっていくのです。ご参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事