2015.11.11

血液型別調理法ダイエット「ドレッシング」のケース

今、海外のセレブ達が実践している「血液型ダイエット」というものがあるのをご存知ですか?これは、ピーター・J・ダダーモ博士が各血液型に合ったダイエット法をまとめたもの。血液型はA、B、O、ABの4タイプに分けられますが、それぞれホルモンの分泌量や酵素の働き方も微妙に異なっています。そこで今回は、この血液型ダイエットを応用して、料理研究家のHITOMI先生監修のもと「血液型別調理法ダイエット」をご紹介致します。今回はドレッシングで見ていきましょう。

A型にピッタリの調味料は…梅ドレッシング

堅実で何事にも慎重に取り組むA型生まれのあなたは、頑張りすぎてストレスを溜めがち。そのため、ストレス解消にドカ食いをしてしまう人が多いようです。血液型診断によると、A型は農耕民族がルーツとされます。そこで、酸味成分で食欲を抑制するような調理法がオススメと言えるでしょう。調味料で言えば、種を除いてたたいた梅(2個)に、オリーブオイル(大1)、にんにくのおろし・ハチミツ(各小1)を混ぜる「梅ドレッシング」が理想的。梅の酸味成分で食欲が抑えられドカ食い防止のダイエットに。

B型にピッタリの調味料は…玉葱ドレッシング

ノリがよく楽しいものに目がないB型生まれのあなたは、凝り性なので好きなものだけを食べ続けることが多くなりがち。そのため、栄養が偏らないように注意が必要です。血液型診断では、B型は遊牧民族がルーツとされます。そこで、香り豊かに様々な栄養価の高い食材を組み合わせた調理法がオススメと言えるでしょう。調味料で言えば、玉葱のすりおろし(1/4個)に、オリーブオイル(大1)、レモン汁(小1)、塩・ゆず胡椒(各少々)を混ぜる「玉葱ドレッシング」が理想的。血液をサラサラにしつつゆずの香りを楽しみ、身体の毒素を取り除いてダイエットに。

O型にピッタリの調味料は…ごまドレッシング

裏表がなく情熱的で一度決めたらやり遂げるO型生まれのあなたは、いつまでも身体をイキイキと若々しく保つことで健康やダイエットにも良い影響が。そのため、アンチエイジングに効果的な食事を心がけてみて。血液型診断によると、O型のルーツは狩猟民族。肉食を好むので、腸内環境を整える調理法がオススメ。調味料で言えば、炒った白ごま(大1)に、練り白ごま・濃口醤油・酢・砂糖(各小1)を混ぜる「ごまドレッシング」が理想的。ビタミン群とセサミン、ポリフェノールと食物繊維の合わせ技で整腸ダイエットに。

AB型にピッタリの調味料は…バジルドレッシング

様々なひらめきを思いつく反面、やや神経質なAB型生まれのあなたは、免疫力が低下しやすく血液の流れが悪くなると、代謝が低下して太ってしまいがち。そのため、体温を下げるような食材は避けてみて。血液型診断によると、AB型はAとB両方の要素を持つニュータイプ族。疲労を溜め込まないための成分や抗酸化作用、殺菌作用のある食材をとるのがオススメ。そこで、バジルの葉(10枚)とオリーブオイル(大2)をミキサーで撹拌し、白ワインビネガー(大1)、 にんにくのおろし・ 塩・こしょう(各少々)を混ぜる「バジルドレッシング」が理想的。疲労回復に効くにんにくのアリシン&バジルの抗酸化作用でダイエットを。

おわりに

血液型別調理法は簡単で、自分の血液型に適している調理法・食べ方でダイエットに効果的な食材を料理するだけ。自分の血液型に合った調理法で食することで、消化機能や免疫力を高めていくという訳ですね。そして、自分の「食べ方の癖」をバランスのとれたものにしていくことで、ナチュラルにダイエットする!のが目的です。このとってもシンプルな血液型調理法、是非一度お試しあれ。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)

関連記事