2011.03.01

病院に行く前に!自分が花粉症なのかチェックする方法


春先になると、花粉症の場合は目が猛烈にかゆくなったり、くしゃみがたくさん出たりします。しかし、今年から急にそのような症状になった場合、本当に自分が花粉症デビューしてしまったのかどうか、分かりませんよね。

そんなとき、下記をチェックしてみてください。下記の項目に当てはまるものが多ければ多いほど、花粉症の確立が高いと思われます。

その1:風邪のような症状(だるさ・鼻水・のどの渇きなど)がある

花粉症は鼻水・くしゃみが出ることもさることながら、鼻づまりがひどかったり、のどがイガイガしたりもします。また身体がけだるくなることもあるようです。また風邪の特徴と異なり、熱は出ず鼻水は無色透明でさらさらしています。

その2:目・皮膚が痒い

普通にしていても目のかゆみ、涙目、充血などが起こります。また雨天の日は割と症状が楽になり、風が強い日などに目が痒く、他の症状も著しくなります。目ヤニや、目の異物感を伴う場合があります。顔や眼の周囲が痒くなったり、赤くなって腫れてしまう皮膚炎も発症する場合があります。

その3:春や、決まった季節になると、このような症状が出る

花粉症はスギ花粉だけではありません。他の季節にも花粉は飛散しますので、症状が出る場合があります。
  • スギ:2月~4月
  • ヒノキ:3月~4月 
  • クリ:5月~7月 
  • ブタクサ:8月~10月   
などがあります。

その4:家族に花粉症の人がいる

血縁者に花粉症やアレルギー体質の方がいる場合は要注意です。アレルギー体質の場合、花粉症になりやすいという傾向があります。

アレルギーを起こしやすい体質は遺伝しますので注意が必要ですが、必ずそうなるということでもありません。また逆に、家族に全く花粉症がいないのに、自分だけなるということもあります。

その5:花粉症かどうか、サイトなどでチェックする

下記のサイトで、花粉症かどうかチェックできます。いくつかの質問に答えるだけで、花粉症度数が分かるというものです。花粉症度が高い結果になってしまった場合は、注意しましょう。

花粉症度チェック|症状チェック|ここカラダ

さいごに

花粉症は集中力を欠きますし、女性は化粧が落ちてしまい、つらいことこの上ないです。春のうららかな日に、くしゃみが5回続いたら、ひとまず耳鼻科に行くことをオススメします。

関連記事