2015.11.13

おはようのキスすらNG!?朝が超絶苦手な男子の上手な起こし方

同棲しているカップルや、たまーに家にお泊まりするカップルで朝が超絶苦手な男子を彼氏に持つ女の子はいませんか?

朝起こしてっていうから起こしたのに機嫌が悪くておはようもまともに言わない彼……。彼だけが朝なわけではなくこちらも朝なわけです。
朝から不機嫌でいられたらイライラしちゃいますよね!

出来ることなら朝からギスギスしたくない!
そこで今回は10代、20代の朝苦手男子20人に『彼女にどう起こされたいか』を聞いてみました。

1.優しく、丁寧に

「出来るだけ優しく起こしてほしい。ガサツに『ねえ!!』みたいに起こされると1日口もききたくないくらい。」(19歳/大学生)

誰だって朝から怒られているような口調で起こされたくないですよね。
出来るだけ優しめの口調で丁寧に起こすのを心掛けて。

ちなみに、朝超絶苦手男子におはようのチューはどう?と聞くと口を揃えて「なし!」と言われちゃいました(笑)
機嫌が悪くなる一方のようです……!

2.室内温度

「僕より早めに起きて過ごしやすい温度にしてくれていると起きやすいです。そういう気が利く女性が好き。」(22歳/スポーツ関係)

これからの時期、朝はかなり冷えて朝起きる時ツラいですよね!
そんな時、室内温度を起きやすい気温にしておいてあげるとすんなり起きれるんだとか。

これは朝が苦手な彼への気配りですね!ここまで出来るようになると、素敵彼女です。

3.朝食の香り

「やっぱり味噌汁の匂いはいいよね~!匂いにつられて起きるってすんごい幸せだと思うし、そういうのが理想かな。」(23歳/会社員)

彼がどんだけ早く仕事に行く人であっても、彼より早く起きて美味しい朝食を作る!
これ、自分も仕事や学校がある女子にとっては簡単なことではないですよね。
だからこそこれが出来る女性は、彼女としても女性としても素敵です。

4.朝の生活音

「起こされるのは嫌なんだけど、自分で起きちゃうのは嫌じゃない。自分はカーテンの音とかで起きたいっすね。」(26歳/美容師)

私も寝起きが良い方ではないのですが、「わかるわかる!」と共感してしまいました。
起こされると、睡眠を妨害されたような気持ちになってムキーッてなっちゃうんですよね。
逆に何かの音で「起きてしまった」場合だと、不思議とすんなり起きられる。

かといって、カーテンをガシャーンって開けるのはやめましょうね!
あからさまな生活音はただ「うるさい」だけになってしまいます。
うるさいと感じられると、更に機嫌を損ねてしまうので、あくまでも自然な生活音で起こしてあげましょう。

おわりに

男子は、話しかけて起こす以外にも音や香りで起きたいという願望があるみたいですね。自然な流れで起こされたいってことですかね。
彼を不機嫌にせず、ふたりで爽やかな朝を迎えられるよう、是非実践してみて下さいね!(木口美穂/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事