2011.03.02

私は大丈夫!な~んて思ってるあなたは格好のエモノ!結婚詐欺に引っかからない方法

恋人が結婚詐欺師? 

誰もがそんな辛い経験なんてしたくないものです。

でも、もし心のどこかに疑惑や疑問を抱いた場合は、要チェックですよ。

そもそも結婚詐欺って?

1「結婚するって言うから肉体関係を持った途端に連絡取れない」
2「結婚するって言うからお金を貸した途端に逃げられたかも」

 

両方ともこれだけでは詐欺になりません。


2の場合は、相手が【意図的に逃げるつもりで完全に連絡を絶ったことを立証】できない限り(自白とかね)、詐欺罪と認められるのは難しいのです。

 

警察に訴えて、相手が捕まったとしても「逃げたんじゃない、結婚はするつもりなんだ」と言えば一旦それで終わりなんです。

 

一般的に結婚詐欺とは、「結婚する意志がないのにも関らず、結婚を餌にして相手から金銭を騙し取る事」だと言われていますが、罪にするには、相手の自白・周囲の人の立証・実際の被害金額の有無など、明らかに騙されて損害を受けたことを証明しなければなりません。

 

【刑法246条『人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する』】

 

そして、訴えても相手から受け取れるものは、損害賠償と慰謝料という金銭でしかありません。

 

相手が結婚詐欺師なのかを見破るコツをお教えしましょう。

相手がこんな言葉を言い出したら要注意

1.借金を全て精算しないと結婚ができない
2.会社の金を使い込んでしまった。これでは結婚もできない。首になるかも。
3.親が病気なんだ。治療代で借金を作ってしまった。ローンが苦しくて結婚できない。
4.親が事業に失敗した。連帯保証人として借金ができた。このまま結婚したらキミも大変になるから、結婚は難しい。

 

これらの言葉を聞いたとき、「そう、大変だね。返済頑張ってね。私もお金がないから金銭面では助けられないけど、精神的な支えにはなりたいな」と言えるあなたは、詐欺には引っかからないでしょう。

 

相手が詐欺師であれば「使えないヤツだ」と見限ってくれますし、自分の大切な時間を無駄にせずに済むので一石二鳥です。

アナタがこう感じたら要注意

 「私が力になりたい。何とかしてあげたい。相手が頼れるのは私しかいない。私の貯金を出せばすぐにでも結婚できるのね、どうしようかな」と悩み始めるようであれば危険です。その優しさが命取りになるのです。

 

相手もそれが聞きたくてウズウズしているはずです。あの手この手でアナタの愛情を確かめようとしたり、同情を誘おうと手ぐすね引いて待っています。

 

周囲の助言に対して「あの人はそんな人じゃない」と頑なに思ったら、泥沼の一歩手前です。

 

後で泣かないためにチェックすること

1.お金は絶対に貸さない、借りない(借りると後で貸す口実を作ってしまいます)
2.名刺をもらったらネットで会社名・部署名の存在をチェックする
3.早めに運転免許証で氏名・本籍(住所)を確認しておく
4.子供や育児の経験談のような話題が出たら怪しむ(既婚者かもしれません)
5.相手の家族の話題を時々してもらう
6.「結婚しよう」といわれたら、口約束じゃなく正式に「婚約」をする

 

これらをクリアできれば、恋人が結婚詐欺師である可能性はとても低くなるでしょう。

 

しかし、巧妙に書類を偽造しているケースもありますので、「婚約してしまう」のが一番安全です。いざとなったら不履行で訴えることが出来るからです。

さいごに

 「近いうちにお金が入る予定があるんだ、だから貸してくれない?」


これは結婚にかかわらず、詐欺師の口癖です。最初は小さい金額から始まってちゃんと返してくれますが、大金になったとたんトンズラするのが王道です。

 

気をつけてくださいね。

関連キーワード

関連記事