2015.11.15

彼氏を夢中にさせるには、まずは自分が夢中になれるものを見つけること

こんにちは!ゆっちです。
今日は、私宛のメールに来た恋愛相談にお答えしていきたいと思います!


「私は今、七つ上の社会人の男性とお付き合いをしています。しかし、彼氏が元カノのことを引きずっているんです。どうしたら私に夢中になってくれますか?(名無しさん(21歳))

■ 逃げるものを追いたくなるのが人間の心理

「好きな人が、なかなか自分のことを好きになってくれない」…これ、本当によくある!!というか、私なんて毎回このパターンに悩まされている気がします(笑)

まぁ、それは置いておいて。一度考えてほしいんです。あなたが彼氏を好きな理由。自分に振り向いてくれないから、相手が気になって仕方がない。そうじゃないですか?

私ね、今までお付き合いした人を思い返すと、「自分のことをすごく好きでいてくれるから」って理由で好きになった人は1人しかいなくて、自分のことを好きになってくれないような人ばかり好きになるんです。

じゃあ、彼に振り向いてもらうために愛を伝える?それは逆効果。なぜなら、逃げるものを追いたくなるのが人間の心理だから。

追って追って追いまくる!本当にあった怖い話

実際に私が追われた話をします。この彼氏、付き合った時から私のことが好きで好きで仕方なかったんです(笑)。

「おはよう」「仕事終わった」「おやすみ」毎日の生活実況報告メールは絶対・平日会えない分、土日のどちらかは絶対にデートをする・月に2回は愛を確認するためにセックスをしたい宣言・・・

付き合いたての頃、「好きだから俺はこうしたいんだ!!」って、以上のようなことを要求されました(笑)。

最初は、男の人なのにちゃんと愛を表現してくれて可愛いなぁなんて思っていたのですが、約3か月後、この要求を義務と感じてしまう自分がいて。

メールを返さなければ「今何してる」の追撃、週末に友達と遊べば「俺より友達が大事なのか」、セックスを断れば「おい、お前浮気してるのか」…ついに我慢ができなくなった私は、彼に別れを切り出すことに。

すると・・・鬼電、鬼メールの嵐!!!怖い、怖すぎる。極めつけは、彼のことをすっかり忘れた1年後、「ゆっち、元気にしてる?俺、転勤になっちゃって東京を離れるんだ。ゆっちのことが忘れられなくて」・・・まだ私が彼の心の中にいたのか!!怖い!!怖すぎる!!

彼への執着は絶対ダメ!自分の気持ちをコントロールするために

この元彼とのお付き合いで、私は気付きました。好きだという愛情表現をいくらしたところで、相手は自分に振り向いてくれないんだって。

でも私、元々超が付くほどの重い女なので、こちらに振り向いてほしい人に対して、アクションを起こしたくなって仕方ないんです(笑)そんな私が、日々気を付けていることがいくつかあります。

1. LINEをしたくてたまらない!!我慢するために通知をOFFに!

相手が何をしているのか気になって、LINEの画面やFacebookのオンライン表示をいちいち確認してしまう気持ち悪い私(笑)。彼のことを気になる気持ちを抑えるために、LINEの新着表示をOFFにしています。こうすることで、好きな人を頭の中から追いやるのです。

2. 特定一人の人を好きでいる状況はダメ!出会いの場に積極的に出向こう!

自分の持ち駒が一人しかいないと、どうしてもその人だけに執着してしまいます。そうならないためにも、持ち駒を増やしましょう。好きな人がいたとしても、合コンやナンパにはYESの返事を!「この人いいなぁ」という人をたくさん作れば、それだけあなたが彼を思う気持ちも分散されます。

3. 暇な女にNG!予定ツメツメな忙しい女になろう!

「いつ会える?」と言われて、「いつでも大丈夫!すごく会いたい!」なんて彼に言っていませんか?人間、いつでも手に入るものを、魅力的に感じるわけないですよね。

彼氏以外の趣味を見つけましょう。スポーツでもいいし、お料理でもいいし、自分一人で打ち込める何かを見つけて、彼氏以外のことを考える時間を作ることが大切です。

彼氏以外に夢中になれるものを見つけよう

こう書くと、何か浮ついたチャラい女になれと言っているように聞こえるかもしれませんが、違います。
彼氏のことしか考えられない女を、魅力的に感じるわけがないんです。趣味は?これからしたいことは?休みの日はなにしてるの?・・・この質問に全部“彼氏”が関係しているようではダメ。

まずは、あなた自身が彼氏以外に夢中になれる何かを見つけましょう。仕事や趣味に向かってキラキラしている人、とっても魅力的じゃありませんか?

本当は、好きな人をひたすら好きでいたいけど、それってただの自分の気持ちの押しつけなんだよね。

“何かに真剣に打ち込んでいる姿を見て、その人に惚れる”ってよくある漫画の一コマは、恋愛の基本を教えてくれる教科書だなぁと思います。女子達よ、この鉄則を忘れちゃダメよ!(ゆっち/ライター)

(ハウコレ編集部)
(下薗なおこ/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事