2015.11.18

意外と燃える!?数秘術で見る道ならぬ恋へのハマりやすさ

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

例)1980年2月16日→1+9+8+0=18 1+8=9 2はそのまま 1+6=7 9+2+7=18 1+8=9 よって、1980年2月16日生まれの人の数字は9になります。ただし、年月日の足し算のときに「11」または「22」になった場合は特別な数字なので、そこで計算を止めます。

そこで今回は、数秘術からあなたの道ならぬ恋へのハマりやすさを導いてみましょう。

1・3・5の人 なんだかワクワクしない!?障害があるほど燃える!

この数字の人は、道ならぬ恋のように障害があると燃えるタイプ。1・5の人は恋愛体質なので、恋におちるとただでさえ胸のトキメキを押さえられないでしょう。そこに障害と言うイベントが入ることで、さらに燃え上がってしまうでしょう。親も友達も関係ないと言わんばかりに、飛び込んでいってしまうはず。3の人は楽しさ重視の人。たとえ道ならぬ恋であったとしても、それが楽しいと感じればどっぷりとハマってしまうかも。

2・6・9の人 イケナイ!でも、あなたが私を求めるのなら…

この数字の人は、自分からは道ならぬ恋に飛び込まないものの、誘われたら断れないタイプ。2・6の人は、人に尽くすことが大好き。その気が無かったとしても、相手に好意があると思わせてしまう可能性が。自分を必要としてくれるのなら…と、求められると拒むことができず、そのまま道ならぬ恋へと身を投じてしまうでしょう。9の人は友愛的な恋愛をするタイプ。友情と恋愛の境界があやふやになりやすい傾向が。友達だと思っていたものの、気がついたら友達以上の関係に進展していってしまうかも。

7・8・11の人 違うの!好きになった人がたまたまそうなだけ!

この数字の人は、道ならぬ恋かどうかはもはや関係なく、恋に落ちたらまっしぐらなタイプ。7の人はロマンチックな面があるので、恋に落ちてしまうとその状況そのものに酔いしれてしまう可能性が。8・11の人は好きになった相手がどんな人であろうと、熱心にアタックをします。もちろん、それが道ならぬ恋だったとしても。ただし、「一番」に愛されたいと言う願望が強いので、自分を最も愛してくれない相手とわかると、早々に身を引くでしょう。

4・22の人 言語道断!道ならぬ恋なんてとんでもない!

この数字は身持ちの固い人タイプ。道ならぬ恋にはもっとも縁遠いでしょう。4の人は自分がよからぬ相手に近づかないだけでなく、周囲に不倫や浮気をしている人がいたらお説教をしてしまうでしょう。正義感が少し強すぎるのかも。22の人も自らは近づきません。しかし、好きになった人がパートナーのいる相手だった場合、心の切り替えがなかなかできずにしばらく思い悩むかも。叶わぬ恋にしがみつかないように、気持ちを上手く切り替えると良いでしょう。

おわりに

あなたはどのタイプでしたでしょうか。人を好きになることは悪いことではありませんが、道ならぬ恋はどうしても普通の恋よりも傷ついてしまうもの。本当にこの人!と思えるような相手でなければ、踏み込まない方が無難なのかもしれません。自分のパターンを把握して、清く正しい恋をできるようにしたいですね。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事