2015.11.18

周りは結婚ラッシュ!焦る気持ち…!そんなとき「やってはいけないこと」4選

この時期って結婚式ラッシュですよね。結婚式や二次会にお呼ばれしているという女性も中にはいるのではないでしょうか。

もちろん周りの幸せはおめでたいですが、自分の恋愛が上手く行っていないと『私このままで良いのかな』と焦りや不安に駆られてしまう時も。
でもそんな時だからこそ、やってはいけない行動が存在するようです。

そこで今回は『周りが結婚ラッシュだからといって焦ってやってはいけないNG行動』について女性にアンケートしてきました。

1.自分を責める

「友人の結婚式に出席して幸せをおすそ分けしてもらうと同時に、何だか自分がダメな女に思えてしまった。
『何であの時彼氏と別れたんだ』『私が彼に釣り合うようにもっと頑張れば良かった』としばらくの間自分を責めていましたね。」(28歳/金融)

過去の恋愛に関して後悔することがあっても、自分を責め続けていては心がすさんでしまいます。

『幸せな友人とは対照的に…』と落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、終わったことをいつまでも責めるのはやめましょう。

2.友人の幸せを妬む

「どんな素敵な人と結婚しても必ず『あの人のどこが良いんだろうね』『でも学歴がね~』などとケチをつける友人がいる。
周りから見るとただ妬んでいる人だし、かなり性格が悪いなと感じてしまう。『だから彼氏出来ないんだよ』ってなりますよね。」(26歳/ネイリスト)

『好きな人と結婚できて羨ましい』という気持ちは持っていて良いと思います。

しかし、あまりにも毎日のように引きずり、妬み続けるのは自分の精神もボロボロにしてしまうでしょう。

『どうしても妬んでしまう…』という人は、結婚から一度頭を切り離した方が良さそうです。

3.自暴自棄に相手を探す

「周りがどんどん結婚していくことに焦りを感じ、もう何でも良いから…と思って片っ端から合コンへ行ったり、ネットで知り合った人と会っていた。
でも結局自分から好きになれる人は出来なかったし、向こうもただの遊びな人ばかりだった。
こんなんだったら自分磨きに精を出した方が良かったし、無駄な時間を使ったなと思いましたね。」(29歳/一般事務)

『もうこの際誰でも良い!』と自暴自棄に相手を探すのは逆効果になってしまいます。

ある程度出会いの場に参加することは大切になってきますが、自分の意にそぐわないところへ行っても結局は意味がなくなってしまうでしょう。
婚活も見極めが大事なのかもしれません。

4.式に参加しない

「失恋したばかりでどうしても親友の結婚式に行く気持ちになれなかった。
その後その親友とは縁が切れてしまい、彼氏も友達も失うことに。色々と選択を間違えたなって感じました。」(28歳/受付)

人数合わせというのなら行かないという選択肢もあるかもしれませんが、本当に仲の良い親友なら式に参加した方が良いでしょう。

後で友達と疎遠になるほうが辛いかもしれません。案外二次会などで仲良くなれる男性が現れるかもしれませんよ。

おわりに

いかがでしたか?人の幸せを祝福したほうが、自分も幸せになれる確率は上がると思います。是非参考にしてみてください。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(島村遥/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事