2015.11.20

初心忘れるべからず!マンネリを防ぐデート中の大切な一言・5つ

付き合ってしばらく経つと、彼と一緒にいるのが当たり前になりますよね。
おたがい気を遣う必要をなくなる反面、マンネリにつながりがち。

そこで、彼との関係を長続きするため大切にしたいデート中の一言を紹介いたしましょう。

1.「楽しみだね」

「待ち合わせ場所で会ったとき、彼女が『一緒に見るの楽しみにしてたんだ』って言ったんです。
なんとなく付き合いたての頃を思い出してキュンとしましたね」(20代/アパレル)

付き合いたての頃は、彼とのデートを待ち望んでいるからこそ、こういった一言が自然と出てきますよね。

けれど、彼と一緒にいるのが当たり前になると言わなくなりがち。
「いつも会うの楽しみだよ!」という気持ちを伝えれば、マンネリ化も防げて長続きの秘訣になるでしょう。

2.「ごちそうさま」

「感謝してほしいからやってるわけじゃないですけど、ごちそうしたときに一言言ってくれるのは大切ですね。
前の彼女は付き合った途端に言わなくなって、そういうことの積み重ねで別れたので、よけいにそう思います」(20代/IT)

付き合ってしばらくするとこういった一言を忘れがちではないですか?
お礼を言わないとおごられて当然のような態度になってしまいます。感謝の気持ちがなくなると二人の関係も悪化しやすいです。

いつも感謝の気持ちを込めて「ごちそうさま」を言うようにしましょう。

3.「一緒にいると楽しい」

「彼女と食事しながら喋ってたとき、彼女がふと笑ったんです。
『どうしたの?』って聞いたら『やっぱり一緒にいると楽しいなって思って』って言われて、何をいまさら、と思いつつ照れちゃいました」(20代/大学生)

一緒にいるのが当たり前になってくると、「俺と一緒にいて楽しいのかな?」と彼が不安になることもあります。彼を安心させて長続きするために、この一言は大切ですよ。

4.「ありがとう」

「彼女、いつもデートの帰り際に『今日はありがとう』って言ってくれるんです。
何気ない一言だけど、やっぱり感謝されると嬉しいですよ」(10代/大学生)

「今日はありがと、すごくステキなお店だった」など、デート中に彼がリードしたり気遣ってくれたことを具体的に伝えて感謝すれば、彼は「自分のやったことを彼女に認められた!」と達成感を感じるので、次のデートでも彼女のためになろうと思うようですね。

それに、感謝を忘れない女性は性格のよさにもつながるので、彼に好印象をずっと与えることができます。

5.「次のデート楽しみにしてるね」

「『次のデート楽しみにしてるね』って言われたとき、次は遠出するのもいいかもなと、予定考えるためにちょっと張り切りました」(20代/編集)

「次に会えるのが楽しみ」と言えば、彼は『彼女の気持ちが冷めることなく、付き合いだした頃と変わらずに好きでいてくれてる』ことに感動するようですね。

また、「楽しみ」と彼女に期待をされると、彼もその気持ちに応えようとするので、同じようなデートプランが続いているときに言えば新鮮なデートが楽しめそうです。

おわりに

付き合いだした頃は当たり前にのように言っていた言葉のはずです。
一緒にいるのが当たり前の関係になったからこそ、こういった言葉は大切ですよ。

初心を忘れなければ、いつまでも彼とラブラブでいられるでしょう!(大西薫/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事