2015.11.23

幸せになれる結婚・不幸になる結婚

しあわせになるために私たちは結婚したのに、どうして離婚することになったのだろう……というような、安っぽい歌の歌詞のような状況を回避しようと思えば、「幸せになれる結婚・不幸になる結婚」の定義くらいは知っておいたほうがいいかもしれません。

しあわせな結婚生活とは?

そもそもしあわせな結婚生活って、どんな生活のことなのか、というところから話を始めましょうか。

それなりに納得できる収入があり、それなりに納得できるほどの貯金があり、夫婦でいつまでも愛し合って、それなりの場所にそれなりのおうちを買って、それなりに住宅ローンを返済して……子どもはそれなりに親の期待どおりに成長して……というのを「しあわせな結婚生活」と定義するなら、答えは簡単です。

しあわせになれる結婚とは?

運が良ければそうなる、ということです。
努力しても、そうはならない夫婦って、いっぱいいるでしょ?
そういうひとたちを前に、口が裂けても「結婚生活を維持する努力が足らなかったんだ」とは言えないですよね?

だから、しあわせになれる結婚とは、運が良ければそうなる、ということです。

運気をUPさせる方法

運気をUPさせる方法は、もうテレビで美輪明宏さんや(その昔は)細木数子さん、瀬戸内寂聴さんが、さんざんおっしゃっていたので、多くの女子はご存知だろうと思います。
彼女たちが言っていることは、煎じ詰めると「人間修行をしなさい」ということです。

そんなの、はっきり言って(はっきり言わなくても)もう大変ですよね。
朝は早起きをしなさい、トイレのような不浄の場所をまっさきに掃除しなさい、誰かになにかをやってあげること、そういう努力を惜しんではいけません……うんたらかんたら……。
大変すぎますよね?

そのうち幸運の女神から見放されるパターンとは?

でもまあ、そこまでやらないと、運気というものは、なかなかUPしないようになっている。これはおそらくこの世の真実でしょう。
つまり、しあわせになれる結婚というものは、結婚してからも、夫婦でお互いに人間修行をする覚悟があるのかないのか、というところにあるように思います。

もっとも、朝は早起きをせず、トイレのような不浄の場所はいつも汚く、誰かからなにかをもらうことばかりを考えているひとが、では不幸な結婚生活を送っているのか、と言われたら、まあそうでもないケースもあるでしょう。

でも人生って栄枯盛衰なので、そういうひとは、そのうち幸運の女神から見放されるのではないでしょうか。

すべては「縁」と「運」と「タイミング」です。

結婚生活を健全に維持するというのは、夫婦の努力によるところが大きいものですが、不幸にも、パッとしない結婚生活になってしまったひとたちを見て、努力不足だったとは、誰も言い切れない以上、「運・不運」というところに「しあわせになるか、不幸になるか」の基準があるのではないか、というお話をしました。

恋愛も結婚もおなじだろうと思いますが、すべては「縁」と「運」と「タイミング」です。
大昔、福山雅治さんがラジオでこう言っていました。あれほどモテる男性でも、縁と運とタイミングによって、彼女をゲットし損ねたご経験があるんだな~と、妙に考え込んでしまったので、よく覚えています。

縁と運とタイミング、これを常に良くしようと思えば、(あまりうれしい結論ではないですが)、日々、人間修行をする覚悟が求められる、ということです。
お互いに大変ですが……。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事