2015.11.23

【夢占い】吉凶を占う!収納にまつわる夢4つ

・・・空港のコインロッカーに荷物を預けたままになっていて急いで取りに行くのですが、空港の中で迷ってしまいました。どうしてもロッカーの場所がわからず、それでも私は必死に探し続けます。ようやく近くにいた従業員に尋ねた時、ロッカーの番号を聞かれ、そこで初めて私は自分のロッカーのカギを忘れてきたことに気がつきます。大慌てで自宅に帰ってから再び空港に向かいます。

これは20代の女性会社員の夢の実例ですが、ロッカーの夢は物事の期限や制約を象徴します。カギを忘れるというのは、何らかの行動を起こすきっかけを試行錯誤している状況をあらわします。彼女は夢を見た時期に転職を考えていましたが、現職をすぐに辞められる状況になく、なかなかそのタイミングをつかめなかったそうです。収納された物の出し入れはメッセージ性の強い夢のシンボルです。物を取り出すのは課題・問題の解決や収拾を、物をしまう・隠す、または取り出せないのは今後の課題や難題の発生や先行きの状況の厳しさを暗示します。ではあなたの近未来の状況をあらわす、収納にまつわるシンボルのいくつかをご紹介しましょう。

・ロッカーの夢

従業員用のロッカールーム、空港や駅のコインロッカーなど、ロッカーの夢は意外にポピュラーなシンボルです。その時期の焦りや精神的な試行錯誤をあらわす心的な夢のひとつです。ロッカー本体のイメージは物事の時限的な制約、または対人的な制約を象徴します。ロッカーから出し入れするものは、その対象になっている現状、または近未来の課題をあらわします。

・引き出しの夢

引き出しから物を出すのは仕事や日常生活で生じる現状の課題の解決、または解決のヒントを得ること暗示します。出した物はその課題を比喩的にあらわします。反対に、物を仕舞うのは問題の深刻化や棚上げ、解決が難しくなることを暗示します。また、利害・損得にも関わる何らかの警告メッセージを伝えていることがあるので、物を引き出しに仕舞っている夢には注意をしてください。

・衣装ケース、タンスの夢

・・・実家の衣装タンスから母に買ってもらった着物を出そうとしています。取り出すと、襟元に大きなシミが付いていました。私は恋人といっしょに行くパーティーでそれを着たいと思っていたので、隣にいた母に「これなんとかならない?」と言うと、母は「じゃあ、少し様子を見るからね」と言って、着物をタンスの奥に片づけてさっさと部屋から出ていってしまいました。「どういうこと?」と思いながらもう一度タンスを探ってみると着物が見当たりません。「お母さん!」と大きな声で呼んでいるところで目が覚めました。

これは20代女性の夢の実例です。それからまもなく、彼女は恋人と破局寸前になるほどの大喧嘩をしたそうです。衣類は主に対人関係の問題・課題を象徴します。衣類の出し入れにともなう夢は、対人的な利害・損得、身近なコミュニケーション・人との関わりの中で生じる緊張感の高まりを暗示することがあるので要注意です。

・本棚、カラーボックスの夢

・・・私の部屋が少し広くなっていて、本棚にはたくさんの本が入っています。料理や占い、ファッション雑誌の他、中央には分厚い写真集が何冊か入っていました。その一冊を取り出してページをめくると、海を展望できる家の内装を撮った写真集でした。家の内部はらせん階段のあるシェル型の構造になっていて、二階は子供部屋のようでした。小さなベッドがあって、丸い小窓が付いていました。いい気分でそれを戻し、隣の写真集も取り出しました。ところがそれは写真付きの表紙の法律関係の本で、開くと文字と図解ばかりなのです。私はすぐにその本を本棚に戻そうとしているところで目が覚めました。

これはある30代の女性会社員の夢の実例です。結婚願望を持ちながら仕事に追われる心の葛藤が反映されています。本棚の中の本はあなたに必要な人生の情報が象徴されています。取り出した本はあなたの近々の人生の課題をあらわします。本を戻すなら、それは将来の課題として棚上げされたままになります。

・収納の夢はあなたの未来の課題の倉庫

収納の夢は必ず物の出し入れをともないます。これまでも「冷蔵庫」「ポケット」などのシンボルを取り上げましたが、そこで出し入れする品物は必ずあなたの現実の生活の何らかの課題を象徴しています。入れ物はいつか物でいっぱいになります。時々整理しどこかで取り出さなければ、それはあなたの将来の厄介な問題になってしまいます。(梶原まさゆめ/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事