2011.03.06

プラスのエネルギーでいっぱいに♪ かわいいお部屋の作り方

 可愛い物、お気に入りの物に囲まれていると、心に良い影響を与えます。部屋から、プラスのエネルギーを貰うのです。ちょっとしたコツとアレンジで、ステキなお部屋にしましょう。

部屋のテーマカラーはパステルカラーが基本

 壁紙や家具をパステルカラーで統一し、部屋の一ヶ所か二ヶ所にポイントとして濃い色、キャンディカラーを持ってきます。逆でも構いませんが、キャンディカラーをメインに使うと、目がチカチカするので、落ち着きの無い部屋になる可能性があります。

 

 

カーテンの色を変えるだけでも、かなり可愛い度はアップします。

家具は背の低いものを

 約1mの高さが、「可愛い」と思わせる家具です。これは、幼児の身長とほぼ同じ高さです。人間の本能には、子どもを守り、慈しむ心が備わっていますので、子どもと同じぐらいの大きさの物に対しても、同じ感情を抱きやすいのです。

 

背の高い家具だと、威圧感があり、可愛い部屋には適しません。

背の高い家具しかないなら

  壁と同系色の壁紙を家具の前面に張ります。これだけでも、威圧感は軽減されます。プラス、アクセントになる色の壁紙を1mぐらいの位置に、幅15cmから20cmの壁紙を張ると、可愛い度がアップします。

目の高さの壁にはお気に入りのポストカード

 目線と同じ高さの位置に、可愛い物を置くと、来客の第一印象は「可愛い!」になります。しかし、ぬいぐるみなどの大きな物だと、置く為に背の高い家具を備えなければなりません。可愛い度は半減してしまいますね。

 

 

 そこで、壁の有効利用です。背の低い家具を揃えているなら、壁は大きなキャンバス代わりになります。ここに、お気に入りのポストカードやポスターを貼ります。ハンドメイドのリースでも良いですね。

 

 自由にレイアウトし、オリジナルの「可愛い」を作りましょう。

 

賃貸住宅の場合、壁に画鋲を刺すと、敷金バックがゼロになるケースがありますので、契約書を熟読してからお試しください。

 

照明にも一工夫

 普通の蛍光灯(N色、W色)では、部屋の色が寒々しくなってしまい、可愛い度が落ちてしまいます。ですから、温かい色の蛍光灯を選ばなくてはなりません。

 

 電気屋さんで求める際は、「電球色(L色)」とお願いすると、温かいオレンジ色の蛍光灯を出してくれます。

関連記事