2015.11.29

大好きな彼と付き合って1年目に意識したいこと・4つ

念願の彼氏ができたら、次に心配になってくるのは「彼と長い付き合いができるかどうか」ですよね。特に今まで何年にもおよぶ交際経験がない女子の場合、「ちゃんと付き合っていけるかな……」と我ながら不安になってしまうという人も多いかも。

でも、お互いにきちんと相手のことを思いやって、「好き」の気持ちを大事にしていれば交際は順調に進んでいきます。

今回は好きな人との交際をサポートするために、彼と付き合って1年目に意識したいことをリサーチしてみました。

1.時と場所を選んでスキンシップ

「好きな人に甘えて欲しい、甘えたいっていうのは男女共通だと思う。
どこでもベタベタするのは人目が気になるから、タイミングを見計らって甘えてくれると俺は嬉しいな」(24歳/男性/IT)

まだ付き合って1年も経っていない頃は、まだまだ男性も甘えて欲しい気持ちが高いようです。

でも、人気のあるところのスキンシップは、男性の性格によっては嫌がる人もいるもの。
人気のない路地、公園といった場所でさり気なく手を繋いだり、肩を寄せてあげると彼はドキッとして、改めてあなたのことが「好き」と実感できるのでは?

2.思ったことは些細なことでも口にする

「どんな小さなことでも口にできるカップルって仲が良くて、長続きしている印象があります」(24歳/女性/販売)

恋に恋している状態で、相手のことをきちんと知ろうと思わなかったり、自分の気持ちを押し付けてしまうのはよくありませんよね。
相手もいくらあなたのことが好きでも、こうした行動に身勝手さを感じて、恋愛感情が薄れてしまうかもしれません。

どんなに些細なことでもいいので、お互いの気持ちを共有させることが大事。恋に溺れがちな女子は要注意です。

3.付き合いに応じたデートをする

「彼との付き合いに応じたデートが大事だと思います。遠出のデートでも『彼と一緒なら大丈夫かな』と考えられるのなら、きっと上手くいくんじゃないかな」(23歳/女性/大学院生)

デートは信頼関係を上手に築けるかどうかが大事ですよね。背伸びをしたデートは疲れちゃうし、いつもと同じデートだとつまらない雰囲気が漂ってしまうもの。

なので、やったことのないスポーツを彼と一緒にやってみたり、遠出でドライブなど、ふたりの関係に応じたデートを盛り込みましょう。
行き先は彼任せではなく、ふたりで話し合うことで距離も縮まるはずです。

4.相手のために行動する

「『好き』って言うことも大事だけど、行動することも大事じゃないかな。言葉がなくても行動から、相手の気持ちが伝わることって多いと思うから」(25歳/男性/メーカー)

風邪を引いた彼の家を訪ねて料理を作ってあげたり、彼の好きな食べ物、趣味にまつわるプレゼントをしてあげるというのは、行動で示す「好き」の気持ちですよね。

言葉で「好き」「愛してる」と伝えるのも大事ですが、行動の「好き」も織り交ぜることで、ふたりの仲はもっと深まっていくのではないでしょうか。

おわりに

交際1年目はドキドキが一番強い時期ですよね。
でも、ちょっと冷静にこうしたポイントを頭のなかに入れておくだけでも、半年経った後のふたりの関係が変わってくるはず。

そのままゴールインできるカップルを目指すためにも、ぜひ意識してみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事